忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―お市  戦国一の美女



お市(いち)
尾張の人(1547?~1583)
 
織田信長の妹。本名は織田秀子(おだ・ひでこ)。「戦国一の美女」とうたわれる。

浅井長政に嫁ぎ同盟を結んだが、信長が浅井家の古くからの盟友である朝倉家を攻めたため、浅井家の重臣たちは激怒し、隠居していた長政の父・浅井久政(あざい・ひさまさ)を担ぎ出し、金ヶ崎で織田軍の背後を襲った。
殿軍を務めた羽柴秀吉の働きで辛くも窮地を脱した信長は、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍を破ると、1573年に浅井長政の居城・小谷城を落とし、浅井家を滅亡させた。
なお金ヶ崎の戦いの際に、お市が信長に両端を縛った小豆袋を送り「逃げ場がない」ことを暗に示唆し、浅井軍の急襲を報せたという通説がよく知られている。
創作のような話だが、結婚資金をすべて用立ててやるなど信長とお市の仲が良かったこと、信長が「お市が男であればひとかどの武将になっただろう」と才を評価していること、浅井軍の急襲に夫の長政が関知していないことから鑑みれば、ありえない話ではない。

お市に懸想する秀吉の尽力もあり、お市と三人の娘らは小谷城を脱出し、以降は兄の織田信包(おだ・のぶかね)の庇護を受け、信長にも目をかけられた。
1582年に信長が本能寺の変で没すると、秀吉の仲介でお市は織田家の筆頭家老・柴田勝家に嫁いだ。
しかし間もなく、信長の後継者争いで秀吉と勝家は対立し、賤ヶ岳の戦いで勝家は大敗した。
秀吉はお市を助けようと奔走したが、秀吉を毛嫌いしていたお市はそれを拒絶し、勝家とともに自刃した。

お市の三人の娘はそれぞれ、長女の茶々(ちゃちゃ 後の淀君)はお市に生き写しだったことから秀吉に。次女の初(はつ)は名門・京極家に。三女の江(ごう)は徳川秀忠(とくがわ・ひでただ 第二代将軍)に嫁ぎ、浅井の血を残した。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R