忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―里見義頼  後継者争いを制す


※アイコンは黄奎

里見義頼(さとみ・よしより)
安房の人(1543~1587)

安房の大名・里見義堯(よしたか)の子。近年の研究では里見義弘(よしひろ)の庶長子とする説もある。
1578年、当主の義弘が没すると、安房を義頼に、上総を嫡子の里見義重(よししげ)に与えるよう遺言したため両者の仲は険悪となった。
義頼は同盟する北条家から妻を迎えていたため、その後ろ盾を得て1580年に上総を制圧し、義重を出家に追い込んだ。

1580年、北条家に対抗するため武田勝頼(たけだ・かつより)と佐竹義重(さたけ・よししげ)が同盟すると、義頼も北条家と手切れし武田・佐竹と三国同盟を結んだ。
1582年に武田家が織田信長に滅ぼされ、妻も没すると北条家との関係は完全決裂したが、義頼は中央で台頭する豊臣秀吉といち早く手を結び、対抗した。

1587年、45歳で没し、家督は15歳の嫡子・里見義康(よしやす)が継いだ。
また近年になって、生前の日付にもかかわらず義頼の死後に付けられた法号で発給された文書が見つかり、混乱を避けるためしばらく死去を伏せていた可能性が浮上したという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R