忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―上杉景虎  後継者争いに敗れる


※アイコンは馬鉄

上杉景虎(うえすぎ・かげとら)
相模の人(1554~1579)

北条氏康の七男。はじめは北条三郎(さぶろう)と名乗ったとされる。
幼少期は寺に預けられ僧侶として育った。
1569年、一族の長老・北条幻庵(げんあん)の娘をめとり養子になり小机衆を率いたとされるが、北条家時代の彼の事績は判然とせず、北条氏秀(うじひで)の事績と混同されているとも言われる。
同年、武田信玄が北条・今川との三国同盟を破り今川家を攻めると、氏康は信玄を非難し代わって上杉家と同盟した。
翌1570年、三郎は上杉家に人質として送られ、上杉謙信の姪(上杉景勝の姉)をめとり上杉景虎の名を与えられた。なお景虎は謙信の初名である。
1571年、氏康が死去すると跡を継いだ北条氏政(うじまさ)は上杉家との同盟を破棄し武田家と再同盟し、景虎はいったん北条家に帰参したものの結局は上杉家に戻った。

1578年、謙信が急死すると後継者を指名していなかったため、上杉景勝と景虎の間で家督争いが勃発した。
景虎は謙信の叔父・上杉景信(かげのぶ)や謙信の養父・上杉憲政(のりまさ)、重臣の北条高広(きたじょう・たかひろ)らの支持を受け、北条・武田の後ろ盾もあり当初は優勢だったが、景勝はいち早く上杉家の居城・春日山城を占拠し先手を取ると、北信濃の領地を割譲して武田家と和睦した。
そして1579年、景勝は雪に阻まれ北条家の援軍が来られないうちに景虎を強襲した。
景虎の正室(景勝の姉)は降伏勧告を拒否して自害。上杉景信は戦死し、上杉憲政も景虎の子とともに何者かによって暗殺された。
景虎は北条家に落ち延びようとしたが、その途上で家臣の裏切りにあい孤立し、自害を余儀なくされた。享年26。

謙信は生前、景虎に家督を譲り景勝をその補佐に任じる目論見だったとされるが、諸説あり議論は決着していない。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R