忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―鵜飼孫六  200人潜んでも大丈夫



鵜飼孫六(うかい・まごろく)
甲賀の人(??~??)

甲賀忍者。
1560年、桶狭間の戦いで今川義元が戦死すると、その機に乗じ徳川家康は旧領の回復に動いた。
鵜殿長持(うどの・ながもち)の守る上ノ郷城に迫ると、甲賀に協力を要請し、駆けつけた孫六は甲賀忍者200人を率いて潜入し、城内を撹乱させたため家康は無事に城を陥落させた。

200人は潜入という規模ではないし、鵜殿長持は1557年に没している記録が残されていたりと、創作臭の強い逸話である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R