忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―百地丹波  元祖忍者



百地丹波(ももち・たんば)
伊賀の人(1512~1581?)

伊賀忍術の祖と呼ばれ、国際スパイ博物館でも忍者の祖、ひいてはスパイそのものの元祖として紹介されるなど世界的にも高名な忍者である。
長く百地三太夫(さんだゆう)の別名で知られたが近年の研究では別人で、三太夫は丹波の孫とも言われる。

服部半蔵、藤林長門(ふじばやし・ながと)と並ぶ「伊賀三大上忍」の一人で伊賀忍者を統率した。
1579年、織田信雄(おだ・のぶかつ)が伊賀を攻めると、信雄の拙攻もありそれをさんざんに打ち破った。
伊賀忍者の実力に脅威を覚えた織田信長は1581年、自ら5万の大軍を率いて伊賀を攻め、百地丹波もそれに敗れ討ち死にした。

以来、百地一族は「ももち」の「ち」が「血」に通じるとして忌み「ももじ」と読みを改め、現在も末裔は「ももじ」を名乗っている。

余談だが大泥棒・石川五右衛門は百地丹波の弟子だったという説があるが、五右衛門に妻を寝取られ、そのうえ愛妾を殺されるというさんざんな師弟関係である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R