忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―石川数正  戦国七不思議・数正の出奔



石川数正(いしかわ・かずまさ)
三河の人(1533~1593)

徳川家の重臣。徳川家康が今川家の人質だった頃から側近として仕え、長じると軍事・政治・外交全てで重きを置かれた。

1560年、今川義元が戦死し家康が独立すると、今川家と交渉し人質になっていた家康の嫡子・信康(のぶやす)と、今川家から迎えていた正室を取り戻した。
1562年には織田信長との同盟を取り付け、1563年、三河一向一揆では父や多くの家臣が一揆方につく中、数正は改宗してまで家康のもとに残った。

石川家の家督は家康の従兄にあたる、叔父の石川家成(いえなり)が継いだものの、数正は家成、酒井忠次(さかい・ただつぐ)と並ぶ筆頭家老となり、信康が元服すると後見役にもついた。
姉川、三方ヶ原、長篠と主要な戦の全てに参戦し、信康が切腹するとその領地を継いだ。

1582年、織田信長が没し羽柴秀吉が台頭すると、数正は秀吉との交渉を任された。
だが1585年、突如として徳川家を出奔し秀吉のもとへ鞍替えした。その理由は今もって不明で「後見人を務めた信康に切腹を命じた家康との不和」「反秀吉派による讒言で立場を失った」「石川家の嫡流を継いだ家成への嫉妬」「秀吉の内から徳川家を援護するため」「単純に秀吉に魅了された」など諸説あり、創作では作家の腕の見せどころである。
いずれにしろ数正の離脱は徳川家に大きな影響を与えた。軍制を知り尽くした数正に備え、家康は武田家の軍制に改めるとともに、武田の旧臣を次々と要職に据えたという。

数正は秀吉から河内8万石、後に信濃10万石を与えられ、現在も残る松本城を築城(改修)した。
数正が没すると嫡子の石川康長(やすなが)が後を継ぎ、関ヶ原の戦いでは家康率いる東軍につき家名を保った。
しかし1613年、大久保長安(おおくぼ・ちょうあん)事件に連座し改易となり、数正の家系は途絶えた。
なお石川家は家成の嫡流が明治まで大名として存続している。

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の大けがを負わせた激烈ブラック企業。犯人は中卒社員岸下守

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R