忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

戦国列伝―遠藤直経  浅井長政の腹心



遠藤直経(えんどう・なおつね)
近江の人(1531~1570)

浅井家に仕えた猛将。
代々浅井家に仕えてきた家柄で、直経も浅井長政の傅役を務めており、長政が臣従していた六角家からの独立を企んだ時、真っ先に相談したのも直経だった。
また伊賀忍者と親交があり、浅井家の諜報活動を担ったともされる。

同盟関係にあった織田信長の才能を高く評価し、1568年に信長が長政のもとを訪れた際には暗殺を進言したが、容れられなかった。
その後、旧来から関係の深い朝倉家と、織田家のどちらにつくか議論が持ち上がった際に、直経は織田家を支持した。しかし長政の父・浅井久政(あざい・ひさまさ)の意向もあり朝倉家につくことが決まった。

1570年、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍が織田・徳川連合軍に大敗を喫すると、直経は味方の首を手に、織田家の兵になりすまして信長のもとへ接近した。
しかし本陣を目の前に竹中家の家臣によって正体を見破られ、あえなく討ち取られた。
竹中半兵衛らは斎藤家を出奔した後、浅井家に客将として迎えられていたことがあり、直経の風貌を見知っていたためと言われる。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R