忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―賊徒・彭綺  鄱陽で反乱

彭綺(ほうき)字は不明
揚州鄱陽郡の人?(??~227?)

賊徒。

225年、鄱陽の大頭目の彭綺が反乱し将軍を自称した。辺りの諸県を攻め落とし、軍勢は数万に膨れ上がった。(『呉主伝』)

魏ではこれに連動し呉を討伐しようという意見が上がった。曹叡が孫資(そんし)に諮問すると「鄱陽では何度も反乱が起きていますが、軍勢は弱く計画は粗末でたちまち瓦解しています。先帝(曹丕)は呉では法令を上も下も遵守し、すぐに立ち直ると申されました。彭綺は孫権の内臓に食い込む大病にはなれますまい」と答えた。(『劉放伝』)

227年、鄱陽太守に任じられた周魴(しゅうほう)は胡綜(こそう)と協力して討伐し、生け捕りにして武昌の都に送った。(『呉主伝』・『周魴伝』)

魏へ偽装投降する際に周魴は、曹休(そうきゅう)へ「彭綺が反乱した時、あなたが後1ヶ月、付近に駐留していたら呉軍は攻撃できなかった」と記した。(『周魴伝』)

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R