忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・賈詡  曹操を最も苦しめた策士



賈詡(かく)字は文和(ぶんか)
武威郡姑臧県の人(147~223)

魏の軍師。
若い頃は周囲から評価されなかったが、閻忠(えんちゅう)は「張良や陳平(前漢の名軍師)のような智謀の持ち主」とその才を見抜いていた。
孝廉に選ばれ出仕したが、病に冒されやむなく帰郷した。その途上、氐族に襲われ同行していた数十人が全て殺された。
賈詡だけは氐族の間で名高かった段熲(だんえい)の親族と偽り「私を殺した後に手厚く葬れば、きっと家の者が褒美をくれるでしょう」と暗に脅したため、無事に解放された。

後に董卓に仕えたが、呂布・王允(おういん)によって暗殺され長安の都も占拠された。李傕(りかく)ら残党は野に下ろうとしたが、賈詡は「逃げるのは軍勢を集めて長安を攻めてからでも遅くない」と献策し、残党は結集して長安を奪回し、王允を討ち取った。
李傕らは喜び列侯しようとしたが、賈詡はそれを辞退し、後に献帝(けんてい)が長安を脱出すると、董卓存命の頃よりもさらに酷い悪政を布く李傕らの行く末に見切りをつけて、自身も都を発った。
まずは段煨(だんわい)を頼ったが、彼が賈詡に実権を奪われることを恐れているのを察すると、単身で抜け出して張繍(ちょうしゅう)に仕えた。
賈詡の家族は置き去りにされたが、段煨は張繍との関係がこじれるのを恐れ、それを厚遇した。

197年、張繍は曹操に降伏したが、叔母の鄒氏(すうし)を妾にされ、自身も命を狙われたことに怒り謀叛を決意した。
賈詡は理由をつけて曹操の陣営を兵が通過する許可をもらうと、奇襲攻撃を掛け大勝利を得た。この戦いで曹操の長子である曹昂(そうこう)と猛将の典韋らが戦死した。

199年、曹操と袁紹が全面対決の様相をていすると、賈詡は曹操に降るよう張繍に進言した。
張繍は「袁紹は兵数で曹操を圧倒し、そのうえ曹操は我々を恨んでいる」と反対したが、賈詡は曹操が献帝を擁していること、兵力で劣るからこそ厚遇してくれること、仇敵であろうと許して迎え入れることで徳を示すだろうこと、を理由に挙げ説得した。
納得した張繍が降伏を申し出ると、賈詡の読み通りに曹操は彼らを手厚く迎え入れた。

翌200年、袁紹軍の許攸(きょゆう)は曹操に寝返り、袁紹軍の兵糧輸送隊が烏巣に駐屯しその防備が手薄なことを密告した。
諸将の多くはこれを罠と疑ったが、賈詡と荀攸(じゅんゆう)は密告を信じ、奇襲攻撃を支持した。
曹操も奇襲を決断し烏巣を攻めると、許攸の密告は真実であり、曹操軍はこの大勝をきっかけに戦況を逆転させた。
また211年、曹操が馬超・韓遂(かんすい)と潼関で戦った際には、二人と旧知でその性情を熟知する賈詡が離間策を仕掛け、連携を崩して大勝のきっかけを作った。

賈詡は自分が降伏者で、しかも曹操の息子を殺したことから、周囲の者に恨まれ、またいつか裏切るに違いないと疑われていると感じていた。
そのため自ら進んで他人と交友を結ぼうとはせず、また子供の嫁や婿入り先には有力者を選ばず、私欲が無いことを示すように心掛けた。
当時、曹操の後継者候補として曹丕と曹植(そうしょく)の二人が挙げられ、派閥抗争が繰り広げられていたが、賈詡はそれに加わらなかった。
曹操から意見を求められた時もわざと何も答えず、なぜ黙っているのかと聞かれると「袁紹と劉表のことを考えていました」と言った。
長男を後継者にしなかったため死後に家を滅ぼした二人の名を挙げられた曹操は大笑し、嫡子の曹丕を後継者に決めたとされる。

賈詡は三公(文官の最高位)の位に上り、曹操が没し曹丕の代になっても厚遇された。
221年、日食が起こると、当時の慣例では重臣を罷免することになっていたため、賈詡を罷免するよう上奏がなされた。
曹丕はそれに対し「今後は天変地異を理由に三公を弾劾してはならない」という詔勅を出して退けたという。

223年、77歳で没した。
陳寿は「打つ手に失策が無く、事態の変化に通暁していた。前漢の張良や陳平に次ぐ」とかつて閻忠が挙げた両名に匹敵する才能を認めている。
一方で裴松之は「董卓が死にようやく平和になろうとしていたのに再び災いを招いた」と李傕らに進言したことを非難し、また賈詡を荀彧(じゅんいく)、荀攸と並べて列伝していることも気に入らず、謀臣の郭嘉や程昱(ていいく)と並べるべきだと、その矛先は珍しく陳寿にまで向いている。

「演義」でも賈詡はほとんど史実そのままに、優れた参謀として多くの活躍が描かれている。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R