忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国志列伝――魏・賈詡  曹操を最も苦しめた策士



賈詡(かく)字は文和(ぶんか)
武威郡姑臧県の人(147~223)

~経歴~
魏の軍師。処世術にかけては中国一。日本一は藤堂高虎。

董卓に仕えていたが、董卓が暗殺され配下は大混乱。そんななか冷静に長安攻撃を進言し、政権を奪っていた王允(おういん)を殺し、呂布を追放させた。
新たに長安の主となった李傕からの褒美を「あれは自分が生き残るためだけの策略でした。褒美をもらう筋合いはありません」と固辞し、李傕のもとを去る。
李傕の政権が長くはつづかないことを見抜いていたのだ。

その後は同じ董卓残党のよしみで張繍(ちょうしゅう)に仕え、曹操と敵対。わずかな兵力ながら何度も勝利を収める。生涯の勝率が9割を越えるだろう曹操を、単身でここまで苦しめたのは賈詡だけでは。
しかし、袁紹と曹操が対決の構えを見せるや「いまなら曹操はひとりでも多く味方を欲しがっています」と降伏をすすめ、張繍ともども、重用されることになる。

軍師として活躍するかたわら、曹操の後継者問題では曹丕(そうひ 曹操の嫡男)の肩を持ち、曹操に「どうすればよいと思う」と聞かれた際、わざと物思いにふけり、「なにを考えていた」と曹操に問われ「袁紹と劉表のことです(ともに嫡男をさしおいて末子に跡を譲り、結果的に分裂と滅亡を招いた)」と答え、曹操に腹を決めさせたという。
曹操の死後=自分の老後の不安もしっかりと取り除いた彼は、なにをなすにも用心深く、陰口をたたかれないため余分な財産は持たず、子供の嫁や婿に貴族は選ばなかったとか。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R