忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・徐晃  寡黙な武人



徐晃(じょこう)字は公明(こうめい)
河東郡楊県の人(?~227)

魏の将。はじめは李傕(りかく)配下の楊奉(ようほう)に仕え、優れた武勇で知られた。
李傕ら董卓残党が仲違いし長安の都が混乱すると、徐晃は献帝(けんてい)をつれ洛陽に移ることを進言した。
献帝もかねてから洛陽への帰還を望んでおり、楊奉らは長安を脱出し無事に洛陽へたどり着いた。
しかし献帝の腹心である董承(とうじょう)と楊奉らが対立し、李傕らの追撃の手も迫ったため、徐晃は曹操に救援を求めるよう献策した。
楊奉もはじめは同意したが、曹操の軍が到着すると対立して洛陽を追われ、徐晃は曹操へ仕えるようになった。
以来、勇猛な徐晃は呂布、袁紹、劉備との戦いで無数の武功を立てた。

徐晃は「古の人々は明君に出会えず嘆いたものだが、私は幸運にも明君(曹操)に出会えた。この幸運に応えるためには個人の功名など取るに足らない」と功績を重ねても驕ることが無く、配下からも慕われた。
戦に臨んでは常に敗北した時のことを念頭に置き、慎重に事を進めたが、勝機と見れば兵に食事も摂らせず突撃を仕掛けたという。

馬超・韓遂(かんすい)との潼関の戦いで、曹操は黄河を封鎖され渡河できず苦慮していた。
徐晃は精鋭4千を借り受けると迂回して密かに河を渡り、敵陣の背後に陣営を築いた。
梁興(りょうこう)が5千の兵で夜襲を掛けたが徐晃はそれを撃退し、橋頭堡を得た曹操軍は黄河を渡り大勝利を得た。
漢中を制圧すると曹操は夏侯淵と徐晃を南鄭に残し帰還したが、徐晃は劉備軍の陳式(ちんしき)を撃退したものの、黄忠によって夏侯淵は討たれ、漢中は劉備の手に落ちた。

219年、荊州の関羽が北上し曹仁の守る樊城を包囲した。于禁(うきん)が救援に向かったが川の氾濫により孤立し、副将の龐徳が討たれ于禁は降伏した。
続いて徐晃が援軍に赴いたが、配下には新兵が多く不利な状況だった。そこで徐晃は趙儼(ちょうげん)の進言に従い、まず援軍の呂建(りょけん)・徐商(じょしょう)と合流し偃城を落とすと、さらなる増援を待ちつつ徐々に陣を前進させた。
殷暑(いんしょ)・朱蓋(しゅがい)の増援が加わると関羽の包囲陣と対峙し、徐晃は陽動作戦を用いて大勝した。

曹操は「私は30年以上も兵を用い、古代の戦上手な将も多く知っている。だが徐晃のように敵陣に長駆直入し突撃した者はいない。その功績は孫武(孫子)や司馬穰苴ら古の名将にも勝る」と激賞した。「長駆」という言葉は現代日本でも使われているがこれが語源である。
徐晃が本陣に合流すると、曹操は自ら7里先まで出迎え、酒宴を催した。他の諸将の兵は戦勝を祝い騒いでいたが、徐晃の陣だけは将兵が整然と並び持ち場を離れておらず、ますます感心した曹操は「徐晃には周亜夫(兵の統率力の高さで知られた前漢の名将)の風格がある」と讃えた。

曹丕の代にも重用され、蜀から上庸を奪取し、呉に奪われた襄陽を奪回した。
曹叡(そうえい)の代には呉の諸葛瑾(しょかつきん)の侵攻を撃退した。227年に没した。
陳寿は魏建国の功臣として張遼、張郃、楽進(がくしん)、于禁(うきん)とともに徐晃の列伝を同じ巻に収めた。
また宋代に張預は歴代の百人の名将の一人として徐晃を選定し、関羽との戦いをまさに孫子の兵法の「善攻者、敵不知其所守(敵の守らない所を攻め、攻めない所を守る)」を体現したものだと讃えている。

「演義」ではなぜか白焔斧という大斧使いに設定され、魏でも屈指の猛将に描かれる。
関羽の旧友という設定も追加され、関羽との戦いでは史実以上に活躍するが、一方で独断専行で敗北した挙句、責任を押し付けようとして副将の王平(おうへい)を蜀に亡命させるなど姑息な性格に描かれ、最期も反乱した孟達(もうたつ)の討伐に赴くもあえなく射殺されるという、一長一短のアレンジがされている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R