忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国志列伝――魏・夏侯惇  独眼竜元譲

  

夏侯惇(かこうとん)字は元譲(げんじょう)
豫州沛国譙県の人(?~220)

~経歴~
魏の武将。曹操の従兄弟。
幼なじみの曹操を助けた猛将。若き日から曹操に従い、各地を転戦した。
彼といえばやはり、呂布との戦いで左目を矢で射られたこと。
顔に刺さった矢を目玉ごと引き抜くと「これは親からのさずかりもの。捨てるも惜しい、敵に渡すも惜しい」とその場で食べてしまったという。
こんな演義の描写からは解らないが、書に通じた文武両道の人物で、欲がなく、余分な財産は人に分け与え、部下とともに土嚢を担ぎ自ら工事の手伝いまでしたとか。

また、曹操の彼への信頼は絶大で「友を配下にはできない」と断じて官位を与えなかった。
そこで、気を利かせた夏侯惇は「他の者に示しがつかない」と自ら官位をもらい受けたという。
曹操はいまわの際に「後は任せた」と頼んだものの、悲しみのあまり、夏侯惇も後を追うように病を得、すぐに亡くなった。


~異名~
盲夏侯(もうかこう)
彼はこの異名をひどく嫌い、鏡で自分の顔を見るのも嫌がったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R