忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・魏諷  革命家の失策



魏諷(ぎふう)字は子京(しけい)
沛国(済陰郡との説も)の人(?~219)

~経歴~
人の心を引きつける術に長け、鍾繇(しょうよう)に招かれて曹操の家臣となる。
その名声と人心掌握術で人望を集めたが、劉曄らはいずれ反乱を起こすだろうと警戒していた。
はたして219年、曹操が漢中に出征すると、陳禕(ちんい)とともに都でクーデターを起こそうとした。しかし陳禕は直前に曹丕に密告してしまい、魏諷ら一味は処刑された。
一味には張繍や王粲(おうさん)、宋忠(そうちゅう)の息子など名門の子息が多く含まれていた。極刑は免れたが若き日の文欽(ぶんきん)の姿もあった。当時は魏の絶頂期であるにもかかわらず、名門の子息が多く名を連ねていたことは、魏国に大きな衝撃を与えた。
処刑された者は数十人とも数千人とも言われ、魏諷を推挙した鍾繇も一時は罷免されることとなった。

「演義」には出てこないが、三国志の研究書などには必ず出てくる、英雄になりそこねた人物である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R