忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―魏・韓観  三公に匹敵した豫州刺史

韓観(かんかん)字は曼遊(まんゆう)
幽州広陽郡の人(??~??)

魏の臣。

見識と才幹があり、同郡の徐邈(じょばく)と同等の名声を博し、後に三公に上る孫礼(そんれい)、盧毓(ろいく)よりも上に評価されていた。
杜恕(とじょ)は韓観・王昶(おうちょう)を「多くの才能を備え、高位と重任にふさわしく、三州の刺史に留まる人物ではない」と推薦した。

豫州刺史となり大いに治績をあげたが、在職のまま没した。(『徐邈伝』)

王昶も三公に上った人物で、徐邈も三公に推されながら老齢で辞退しており、韓観は比較された人物が全て三公相当に達しており、もし長寿を得ていれば彼も三公に至ったことだろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R