忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・陳応・鮑隆  真の勇者(笑)たち

 

陳応(ちんおう)・鮑隆(ほうりゅう)ともに字は不明
ともに出身地不明(??~209)

桂陽太守・趙範(ちょうはん)の配下たち。「演義」オリジナルキャラ。
二人はもともと漁師で、陳応は鎖の先にさすまたを付けた飛叉という武器を操り、鮑隆は虎を二頭殺すほど武勇に優れた。桂陽の漁師率は異常。

赤壁の戦い後、趙雲が攻め寄せると趙範は降伏しようとしたが、陳応は「私と趙雲のいずれが真の勇者か見届けてからでも遅くない」と身の程知らずな大言壮語を放ち、鮑隆もそれに同意したが、陳応は趙雲に一騎打ちを挑むもあっさり敗れた。
趙範は降伏したが、兄嫁をめとるよう言ったところ趙雲に激怒されボコられた。それを恨みに思い陳応と鮑隆に暗殺を命じたが、趙雲はこれもあっさり看破すると、陳応と鮑隆を酒に酔わせて縛り上げ、趙範を糾弾すると二人の首をはねた。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R