忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・阮籍  竹林の七賢・司会者



阮籍(げんせき)字は嗣宗(しそう)
兗州陳留郡尉氏県の人(210~263)

魏の末期に酒と薬物に溺れながら清談を繰り広げた「竹林の七賢」の指導者的存在。
父の阮瑀(げんう)は建安文学で一時代を築いた「建安七子」の一人で、甥の阮咸(げんかん)も竹林の七賢に数えられる。
儒者など気に入らない人物は白眼を剥いて相対し、気に入った人物には青眼(黒眼)で対応した。喪中の際、嵆喜(けいき)が弔問に訪れると阮籍は白眼を剥いた。怒って帰り弟の嵆康(けいこう)にそれを話すと、竹林の七賢の一人である嵆康は酒と琴を持って阮籍を訪ね、喜んで青眼で迎えられた。「白眼視」は現代でも気に入らない相手を冷遇することという意味で用いられている。

阮籍はもともとは世の人々を救いたいという高い志を持っていたが、司馬氏が帝室をないがしろにして国を席巻し、嵆康も政争で命を落とすと、世俗を離れ退廃的な暮らしを始めた。
だが自身は時事を評論せず、他人の過ちを責めることも一切なかったと伝わる。

名声高く蒋済(しょうせい)、曹爽(そうそう)、司馬懿らに招聘されたが、仮病で辞職したり、出仕しても給料分だけ働くのみだった。
並外れた酒好きで、歩兵校尉の役所に酒が大量に貯蔵されていると聞くと、望んでその職につき、竹林の七賢の一人の劉伶(りゅうれい)とともに毎日呑んだくれた。
闇雲に馬車を走らせ遠出するのを好み、行き止まりに当たり進めなくなると慟哭して帰途についたという。

当時は喪中には酒や肉を断つ義務があったが、阮籍は母の葬儀の日にも肉をたらふく食っては酔いつぶれ、棺を見送った直後に血を吐いて倒れた。鍾会や何曾(かそう)は素行の悪い彼を罷免しようと画策したが、司馬昭は阮籍を大いに気に入って聞く耳を持たず、息子の司馬炎の嫁に彼の娘を迎えようとさえした。
だが阮籍は縁談を伝える使者が訪れると60日にわたって泥酔し続けたため、ついに使者は用件を伝えることさえできずに帰った。
それでも司馬昭は彼を「至慎(最も慎み深い)」と評して厚遇し、263年に司馬昭を晋公に封じる詔勅が下され、型通りにいったん辞退した時には、阮籍が恩返しのためか封爵を勧める文書を著している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R