忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・金禕  他力本願クーデター



金禕(きんい)字は徳禕(とくい)
雍州京兆郡の人(??~218)

後漢の臣。父は武陵太守で劉備と戦い敗死した金旋(きんせん)。

218年、曹操の専横に憤り、遠征に出た隙をつき韋晃(いこう)、耿紀(こうき)、吉本(きつほん)らとともに許都で蜂起した。
金禕は前漢の名臣の末裔で風格もあったことから、一味の中心人物だった。
計画ではまず金禕の友人で、許都の留守をあずかる王必(おうひつ)を謀殺し、献帝(けんてい)の身柄を奪い都を制圧、そして当時、都に攻め上がりつつあった関羽の来援を待つというものだった。

しかし金禕は夜陰に乗じ自ら王必に矢を浴びせたものの逃げられてしまい、計画は序盤からつまずいた。
さらに王必は首謀者が金禕とも知らずに金禕の家へ助けを求めたところ、主が帰ったと勘違いした金禕の家臣は「首尾よく王必を討ち取れましたか?」と答えてしまい計画が露見した。
王必は兵をまとめると厳匡(げんきょう)とともに反乱軍を鎮圧し、捕らえられた金禕らは一族郎党とともに処刑された。

間抜けな犯行経緯、父の仇である劉備軍を目当てにしての他力本願な作戦、翌年に発生した魏諷(ぎふう)の大規模な反乱にも加われずと、何から何まで駄目なクーデターであった。
なお「演義」でもほぼ同様の事績が語られるが、金旋との親子関係については伏せられている。
張飛に敗れただけのチョイ役である金旋をこれ以上クローズアップしないための措置だろうか。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R