忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・郭嘉  曹操に最も愛された鬼才



郭嘉(かくか)字は奉孝(ほうこう)
頴川郡陽翟県の人(170~207)

~経歴~
若い頃から洞察力に優れたが、成人すると名前や経歴を隠し、俗世間から離れて暮らしたため、郭嘉の名を知る者は少なかった。
のちに仕官を志して袁紹を訪ねたが、その人物に失望してすぐに立ち去った。
その頃、曹操の参謀を務めていた戯志才(ぎしさい)が亡くなり、曹操は荀彧(じゅんいく)に、「他に誰か相談できる者がいないだろうか」とぼやいた。荀彧は郭嘉を推挙し、曹操は引見するとすぐに「私の大業を成就させてくれるのはこの男しかいない」と言い、郭嘉も「真に我が君主だ」と双方ともに惚れ込み、軍師として召し抱えられた。
郭嘉は道徳観念が薄く、模範的な人物とは言えなかったため、しばしば公明正大で堅物の陳羣(ちんぐん)らに弾劾されたが、全く聞き耳を持たず自身の行いを正そうとはしなかった。
だが曹操はその才を愛し、咎め立てすることはなく、陳羣も郭嘉も同様に厚遇した。

北方で袁紹が勢力を拡大すると、曹操は郭嘉に対策を問うた。郭嘉は「あなたには十の勝因があり、袁紹には十の敗因があります」と言い、道・義・治・度・謀・徳・仁・明・文・武の十項目でそれぞれ優劣を付けた。
また劉備が呂布に追われて逃げてくると、臣下は後顧の憂いになると殺害するよう進言したが、郭嘉は「高名な劉備を殺しては名声が落ちる」と反対した。
後に劉備が袁術の討伐を口実に曹操のもとを離れようとすると、程昱(ていいく)とともに反対したが、曹操は許してしまい、劉備が独立を果たすと「郭嘉らの言うとおりだった」と後悔した。
しかし袁紹を警戒し、劉備への攻撃をためらっていると、郭嘉は「優柔不断な袁紹は動かない」と言い、すぐに攻撃させ、徐州から劉備を追い出すことができた。
その他、呂布との戦いで水攻めを提案したのも郭嘉であったという。

200年、官渡で曹操は袁紹と対峙した。家臣らは留守にしている間に孫策が都を襲うのではと恐れたが、郭嘉は「孫策は6年あまりで江東を制圧したため、基盤は緩く、多くの人々に恨まれています。また自身の武勇を頼り単独行を好むので、つまらないことで死ぬでしょう」と予言し、はたしてその年のうちに孫策は暗殺された。
郭嘉は軍師として数々の策を立て、袁紹を破るのに多大な貢献をした。
袁紹が死に、後継者争いが持ち上がると、諸将はこの機に乗じるよう進言したが、郭嘉は「すぐに攻めては一致団結してしまいます。いったん兵を返して油断させれば、彼らは安心して仲間割れをするでしょう」と言上し、その通りになった。

曹操軍は袁紹の長男・袁譚(えんたん)を斬り、次男の袁熙(えんき)と三男の袁尚(えんしょう)は北方の烏丸族を頼って落ち延びた。
それを追えば劉表(りゅうひょう)のもとにいる劉備が都を襲うのでは、とこの時も諸将は背後の危難を恐れたが、ここでも郭嘉は「劉表には劉備を使いこなせません。劉備に兵を預けて反乱を招くことを恐れています。また劉備には単独で攻め上がる力はない」と読み、やはり的中させた。

郭嘉は先制攻撃を唱え、急行した曹操軍は烏丸族を破り、長の蹋頓(とうとん)を討ち取った。
袁煕と袁尚は遼東の公孫康(こうそんこう)のもとに逃げたが、郭嘉は「追う必要はありません。公孫康は我々を恐れて二人の首を送ってくるでしょう」と言い、この読みも当たった。

遠征のさなか、郭嘉は病を得て急逝した。38歳の若さだった。
曹操は「哀しいかな奉孝、痛ましいかな奉孝、惜しいかな奉孝」と嘆き、葬儀の席では「諸君らはみな私と同世代だ。郭嘉だけが飛び抜けて若かった。天下泰平の暁には、私は郭嘉に後事を託すつもりだった」と述べた。

208年、南下した曹操は疫病に悩まされた末、赤壁で孫権に敗れた。曹操は「郭嘉は南方は疫病が多く、もし従軍すれば自分は生きては帰れないだろう。しかし天下を得るためには荊州攻略は必須だ、と言っていた。彼は命を捨ててまで私の大業を成就させようとしていた。どうして彼のことを忘れることができるだろう。郭嘉だけが私の真意を理解していた。郭嘉さえ生きていれば、赤壁で敗れることなどなかったろうに」と述懐したという。

262年、魏の末期、曹操の廟の前庭に、郭嘉は祀られた。
郭嘉はその才を曹操に最も愛された男であったのだろう。

拍手[3回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R