忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・辛憲英  全てを見抜く才女



辛憲英(しんけんえい)
涼州隴西郡の人(191~269)

魏の臣・辛毗(しんぴ)の娘。才女として知られ、慎み深く質素倹約に努めた。
華美な衣服を贈られると、裏返しに着て無地のほうを表にしたという。
もともと父は袁譚(えんたん)に仕えていたが、袁家の後継者争いの末に家族を殺され、曹操に仕えるようになった。

217年、太子に任命された曹丕が辛毗に抱きつき喜色をあらわにしたと聞くと、辛憲英は「魏国を継ぐ大任を憂慮しなければいけないのにそれを喜ぶとは、曹丕の代になって国は大丈夫なのだろうか」と嘆息した。

249年、専権を振るっていた曹爽(そうそう)一派が留守にした隙に、司馬懿が蜂起し都を制圧した。
辛憲英の弟・辛敞(しんしょう)は曹爽に仕えていたが都に取り残され、どうするべきか判断に迷い姉に相談した。
辛憲英は「司馬懿の計画なら必ず成功し、曹爽は処刑されるでしょう。だがあなたは曹爽の配下なのだから主君のもとに駆けつけるべきです」と教えた。辛敞は包囲を破って曹爽のもとに走り、はたして曹爽一派は処刑されたが忠臣であると評価され辛敞は助かった。

262年、鍾会が鎮西将軍に任命されると、辛憲英は甥の羊祜(ようこ)にその理由を尋ねた。
蜀の征伐が目的だと聞くと「鍾会は独断で物事を判断します。反乱を企てないか心配です」と言った。羊祜は他人の耳を恐れ「叔母上、しゃべり過ぎはいけません」と注意した。
この時、辛憲英の息子の羊琇(ようしゅう)も側におり、間もなく鍾会の要請で蜀征伐軍に加えられた。
辛憲英は息子に「主君に仕え道義を重んじるのが世の習いだが、戦場ではそれが全てではない。よく考えなさい」と忠告した。

翌263年、はたして鍾会は蜀の制圧を成し遂げると反乱を起こした。すぐに鎮圧されたが混乱の中で鍾会、鄧艾、姜維ら多くの将兵が命を落としたものの、羊琇は母の忠告を胸に警戒を怠らず、無事に帰国した。
当時すでに70歳を超えていた辛憲英の才知はいささかも衰えていなかったのである。

269年、79歳で没した。
甥の羊祜もまた魏後期を代表する名将だが、その背後に辛憲英の助言があったと考えるのは妄想に過ぎるだろうか。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R