忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・路招  朱霊の相棒



路招(ろしょう)字は不明
出身地不明(??~??)

魏の将。
伝は立てられず具体的な記述は少なく、他の伝でちらほら名前が見えるだけである。

199年、曹操は劉備に袁術(えんじゅつ)の討伐を命じると、援軍として配下の朱霊(しゅれい)と路招をつけた。
しかし戦いが始まる前に袁術は病死した。

208年、曹操が荊州征伐に向かう際、趙儼(ちょうげん)を都督に任じ、その配下として于禁(うきん)、張遼、張郃、朱霊、李典(りてん)、馮楷(ふうかい)、路招をつけた。

212年、潼関の戦いで敗走した関中諸侯の掃討を命じられた夏侯淵の指揮下に入り、朱霊とともに劉雄(りゅうゆう)を撃破し、さらに梁興(りょうこう)を討ち取った。
その後は記録から姿を消す。

魏でも屈指の重臣である朱霊と常にセットで登場することからそれなりに高位にいたと思われる。
しかし朱霊は曹操に理由は不明だが疎まれ、張遼らに並ぶ重臣でありながらなぜか伝も立てられずと不遇な扱いを受けており、路招もその巻き添えを受けた可能性があるだろうか。

「演義」でも袁術討伐の際に劉備への援軍として登場。しかし劉備に言いくるめられ軍勢を置いて帰還したため曹操に激怒された。
その後は一切登場しない。

「吉川三国志」とそれを原作とする「横光三国志」では「露昭」と誤記されている。吉川英治にはよくあること。
他の創作でも「路昭」と書かれることがままある。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R