忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・賈南風  だが地獄行く



賈南風(かなんぷう)南風が字か
平陽の人(257~300)

~経歴~
賈充(かじゅう)の娘。賈逵(かき)の孫にあたる。西晋の二代皇帝・司馬衷(しばちゅう)の妻。賈皇后と呼ばれる。

西晋の初代皇帝・司馬炎(しばえん)は皇太子・司馬衷の后として、賢く色白で美しい衛瓘(えいかん)の娘を迎えようとした。だが賈充の一派は、陰険で色黒で醜女の賈南風を推挙し、司馬衷の母・楊艶(ようえん)も司馬氏の軍師として長く活躍した賈充の娘だからと薦めたため、賈南風が后となった。

だが賈南風は残忍で嫉妬深く、身重の側室や気に入らない相手を手ずから何人も殺した。
激怒した司馬炎は賈南風を幽閉し離縁させようとしたが、楊艶の一族でその死後に皇后となっていた楊芷(ようし)が賈充の功績を挙げて取りなしたため、思いとどまった。
しかし賈南風は楊芷の口添えを知らず、これを機に身を慎むよう説教する彼女を逆恨みした。

司馬衷は若い頃から大変に暗愚であり、衛瓘らが暗に廃嫡を勧めたため、司馬炎は息子に試験をさせた。賈南風は夫のために不正を働き、高得点を上げたため司馬炎は騙された。
娘と皇后の座を競ったこともあり、賈南風は衛瓘を大いに恨み「老いぼれめ、いつかお前の一族を滅ぼしてやる」と誓ったという。

290年、司馬炎が死去すると、司馬衷が即位し恵帝(けいてい)となり、賈南風は皇后となった。
当時、楊芷の父・楊駿(ようしゅん)が実権を握っていたが、賈南風は司馬氏の重鎮、司馬亮(しばりょう)、司馬瑋(しばい)を味方に引き入れると、翌291年に楊駿を殺し、楊芷を追放した。
だが実権は司馬亮と衛瓘に奪われ、賈南風と司馬瑋は歯がゆい思いをした。
わずか3ヶ月後、司馬瑋は司馬亮と衛瓘を詔勅により失脚させ、すかさず二人を処刑させた。
しかし賈南風のほうが一枚上手で、腹心の張華(ちょうか)の策により司馬瑋を詔勅を騙ったかどで誅殺し、晋は賈一族の天下となった。(ちなみに張華はかつて賈南風の父・賈充と敵対し出世を阻まれたという不思議な縁がある)
翌年には庶民に落とされていた楊芷を餓死させ、後顧の憂いを断った。妖術を信じていた賈南風は、楊芷があの世で司馬炎に訴え出ないように、顔に覆いをかぶせ、御札や怪しげな薬物で封印した上で葬ったという。

賈南風は4人の子に恵まれたが、いずれも女子で跡継ぎの男子は生まれなかった。
皇太子は商人の娘である謝(しゃ)夫人の子・司馬遹(しばいつ)だったが、賈南風は自分の息のかかった人物を後継者に据えようとし、司馬遹の暗殺を図った。
だが今度は張華が反対に回ったため、やむなく司馬遹を廃嫡し庶民に落とすだけに留めた。
司馬雅(しばが)、司馬冏(しばけい 賈南風の甥)らは司馬遹を担ぎ出し、司馬氏の権力を復活させようとしたが、一味の司馬倫(しばりん)は司馬遹と折り合いが悪かったため、わざと賈南風に計画を漏洩した。
賈南風は司馬遹を殴殺させ、恐れをなした司馬雅は計画から降りたが、賈南風が油断した隙に司馬倫、司馬冏は決起し、賈南風を捕らえた。
賈南風は「司馬遹を殺し犬の首をつないだつもりが、尾をつないでしまったから噛まれたのか」と嘆き、自害させられた。賈一族、そして張華らも処刑された。

その後は司馬倫、次いで司馬冏が実権を握ったが一族の権力闘争が相次ぎ、後に賈南風のクーデターを含め「八王の乱」と呼ばれた。西晋は賈南風の独裁を機に滅亡へと転落していったのである。

西晋王朝を滅ぼすきっかけとなったことから、賈南風は歴史上屈指の悪女とされるが、こうして事績を振り返ると、そこまで酷いことはやっていないように思える。
たしかに多くの人は殺したが、さほどの暴政をふるってもおらず、自身の欲望に忠実なだけの人物だったのではないか。
自殺の手段に金粉入りの毒酒をあおいだというのも(黄金を飲んで死ぬと死後に裕福になれるとされていた)その強欲さの表れだろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R