忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・蒋済  酔いどれ軍師



蒋済(しょうせい)字は子通(しつう)
徐州彭城郡平阿県の人?(??~249)

魏の臣。
208年、合肥が孫権の大軍に包囲され、援軍の多くも疫病にかかり窮地に陥った時、孫権軍に「大軍が近づいている」との偽情報を流し、合肥の危機を救った。
翌209年、その戦の報告で曹操に面会すると「淮南の住民を移住させたいがどう思うか」と尋ねられた。蒋済は反対したが曹操は移住を強行し、十数万もの人々が孫権領に逃げ込んでしまった。それを聞いた曹操は「賊から守ってやるつもりが、かえって賊に住民を渡してしまった」と大笑いし、蒋済を重用するようになった。

219年、関羽が北上し曹仁、于禁(うきん)らを破ると曹操はその勢いを恐れ遷都を考えた。
だが蒋済は司馬懿とともに反対し「孫権の江南の領有権を認め、代わりに関羽の背後を衝かせましょう」と献策した。はたして関羽は魏と孫権に挟撃され戦死した。

曹丕の代になっても夏侯尚(かこうしょう)への詔勅が不当なものだと見ると、諫言して撤回させるなど信頼は揺るがず、軍事においても別働隊を率いて呉を攻め、本隊の曹仁の用兵を批判し、その忠告を聞かなかった曹仁は敗走した。曹仁が没するとその兵を任せられ、曹丕とともに呉征伐の策を練った。

曹叡(そうえい)の代には侯に封じられ、曹休(そうきゅう)の敗北を予見するなど読みは衰えず、皇帝の曹叡にも堂々と諫言し「蒋済がいなければこういう話は聞けない」と大いに評価された。

曹芳(そうほう)の代には曹爽(そうそう)が実権を握ったが、親友の司馬懿とともに反乱し曹爽一派を一網打尽にした。
蒋済は曹爽らの助命を条件に協力していたが、司馬懿は全員を処刑した。蒋済は曹爽に命は助けるとも請け負っていたため、酷く落ち込み、病を得て同年のうちに亡くなった。


~酒飲み蒋済~
時勢を見極める優れた眼力を持ち、諫言をはばからない硬骨漢で知られた蒋済だが、酒にだらしなく、酔っては乱暴を働き無礼に振る舞ったため、人望は乏しかった。
揚州で補佐官をしていた時、寿春県令の時苗(じびょう)が面会を求めた。事前に約束はなかったものの名士が訪ねてきた時は会うのが常識だったが、蒋済は泥酔していたため門前払いにした。
時苗は激怒すると木で人形を作り「酒徒蒋済(酒飲み蒋済という意味)」と記すと、それに向かって朝夕、矢を射るのを日課とした。しかし蒋済はそれを気にもしなかったという。

優れた軍師・政治家で人間的にも面白く、司馬懿の親友でもありながら「演義」では曹爽一派を打倒した時にちょい役で顔を出すだけなど、創作でまったく顧みられないのは不思議な限りである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R