忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・蒋幹  「演義」なんて●ねばいい



蒋幹(しょうかん)字は子翼(しよく)
揚州九江郡の人(??~??)

魏の臣。立ち居振る舞いや弁舌に優れた。
曹操の招きに応じ仕官すると、旧知の周瑜を引き抜くよう命じられた。
蒋幹は旧友を訪ねるふりをし単身で赴いたが、周瑜はその意図を察知しており、厚くもてなすかたわら孫家への忠義を強調した。
そのため蒋幹は引き抜きのことはおくびにも出さずに辞去した。

と「正史」では爽やかな友人関係が描かれるが「演義」では以下のように激しく脚色されている。
赤壁の戦いを前に、蒋幹は周瑜の引き抜きと敵情視察を命じられた。密命を隠し旧友として現れた蒋幹を周瑜は素知らぬ顔でもてなし、曹操配下の蔡瑁(さいぼう)が内通しているとする偽手紙をつかませて帰した。
蔡瑁は処刑され、水軍を率いていた彼を失った曹操軍の戦力は著しく低下し、赤壁の大敗の遠因となるのであった。

また「三国志平話」では赤壁の敗戦の責任を取らされて兵士によって殺されている。
創作でさんざんに貶められた人物である。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R