忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・華歆  創作でおとしめられた男



華歆(かきん)字は子魚(しぎょ)
平原郡高唐県の人(157~231)

~経歴~
魏の重臣。
故郷には有名な繁華街があり、官吏は皆そこで遊んでいたが、華歆は休日も学問に励み家から出なかった。議論をする時は決して相手を傷つける言葉を選ばず公正な態度をとった。
管寧(かんねい)、邴原(へいげん)と親しく付き合いいずれも優れていたことから、世間は三人を合わせて「一龍」と呼び、華歆を龍頭、邴原を龍腹、管寧を龍尾になぞらえた。

若い頃は病気がちで、出仕してもすぐに辞職したり、董卓が台頭した時も地方に赴任して都を離れようとしたが、病気でなかなか果たせなかった。なんとか南に逃れると今度は馬日磾(ばじつてい)らとともに袁術(えんじゅつ)に引き止められた。この時期、袁術は人材を集めており、馬日磾を使って他にも孫策や朱治(しゅち)を幕下に入れている。
華歆は「董卓討つべし」と進言したが受け入れられず、袁術を見限り、東方への視察を命じられた馬日磾に従うことにした。
徐州まで来たとき、華歆は詔により豫章太守に任命された。華歆の政治は公正であったので、民に慕われた。袁術のもとから独立し、江東を制した孫策に追われ劉繇(りゅうよう)が亡くなると、その旧臣は華歆を後任に推したが「勝手に任官をしてはいけない」と華歆は拒絶した。
孫策が豫章に迫ると華歆は降伏した。名声の高い華歆は厚遇されたが、間もなく孫策は急死し、孫権陣営の切り崩しを狙った曹操に招かれた。
孫権は引き止めたが、華歆はこの頃、都の曹操のもとで外交工作をしていた張紘(ちょうこう)を引き合いに出し「都にいてもあなたのためにできることはたくさんあります」と言い、都に上った。
見送る者は数千人に達し、莫大な餞別が贈られたが、華歆は印を付けておくと出発前に餞別を全て返却し、ますます声望を高めた。
だが都に上った華歆は曹操に魅せられ、二度と呉に帰ることはなかった。

曹操のもとで重職を歴任し、荀彧(じゅんいく)が失脚するとその後任となり、呉との戦いでは軍師に任じられた。
曹丕の代には司徒となり文官の最高位に上がったが、華歆は清貧を心がけ財産はことごとく一族郎党に分け与えていたため、家にはわずかの蓄えもなかった。侍女や側妾を与えられても全て嫁入り先を探して解放してやった。
だが人材の登用に当たっては学問を重んじ、徳行や人物を採用基準にすべきだという意見には強く反対する、現実的な目も持ち合わせていた。

老齢になると、旧友の管寧を後任にして隠居しようとしたが、華歆以上の清貧の権化である管寧は応じず、曹丕、曹叡(そうえい)ら時の皇帝も隠居を許さず、かえって重用した。
231年、75歳で大往生した。子孫も魏、晋に仕え孫の華嶠(かきょう)は漢書を著している。


~演義での不遇~
『演義』での華歆は曹植(そうしょく)、司馬懿らを殺そうとしたり、曹丕に帝位を簒奪させたことで出世した小悪党に描かれている。
それというのも呉によって書かれた、曹操に対抗するためその悪事を数え上げる『曹瞞伝』に、華歆は献帝(けんてい 後漢最後の皇帝)の婦人である伏皇后(ふく)を殺したと記され、後世の歴史書でもその記述が採用されて、必然的に華歆が悪く描かれてしまっているのだ。
完全な創作なのだが、『演義』に限らず架空のエピソードで不当に貶められている人物が、三国志には非常に多い。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R