忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・胡烈  勇猛一族の雄



胡烈(これつ)字は玄武(げんぶ)
雍州安定郡の人(??~270)

魏の将。武人の家柄で父の胡遵(こじゅん)を筆頭に、兄弟やその子らはいずれも勇猛で重職を担った。胡烈は三男。

257年、諸葛誕の反乱では討伐軍に名を連ね、諸葛誕の救援に現れた呉の朱異(しゅい)の陣を間道を通って襲撃し、兵糧を焼き討ちし撤退に追い込んだ。

263年、蜀征伐では鍾会の先鋒として陽安関を攻め、猛将と知られる傅僉(ふせん)を討ち取った。
だが蜀の制圧後、鍾会は姜維と語らい謀叛を起こし、反対する胡烈(これつ)を幽閉した。
鍾会の腹心で以前に胡烈に仕えていた丘建(きゅうけん)は気の毒に思い、牢に食事を差し入れた。胡烈はこれを利用し、部下に「鍾会は自分に反対する者を皆殺しにしようと企んでいると丘建が教えてくれた」と吹き込んだ。
部下が幽閉されていなかった胡烈の子の胡淵(こえん)らにそれを伝えると、彼らは一斉に放棄し鍾会・姜維を殺し、胡烈を解放した。

翌年には蜀の旧臣で、任地の永安を援軍の望みもないまま呉軍の攻撃から守っていた羅憲(らけん)を救援した。

270年、秦州刺史の地位にあった胡烈は、鮮卑の禿髪樹機能(とくはつじゅきのう)の反乱により戦死した。
同時に涼州刺史の牽弘(けんこう)も戦死しており、異民族の反乱により刺史が二人も討ち取られたのはきわめて異例の事態だったが、陳騫(ちんけん)はかねてから胡烈と牽弘を「勇猛だが思慮分別に欠け、刺史にはそぐわない」と上申していた。
司馬炎はそれを胡烈と牽弘が不仲なのを案じているのだろうと解釈し、任地を離すことで対処させたが、二人の戦死の報が届くと、なぜ陳騫の話を真剣に聞かなかったのかと大いに後悔したという。

拍手[2回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R