忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・田豫  無私無欲の名将



田豫(でんよ)字は国譲(こくじょう)
幽州漁陽郡雍奴県の人(171?~252?)

魏の臣。田予と書かれることも多い。
少年の頃から劉備に従い高く評価されたが、劉備が豫州刺史に任命された頃、母の病気を理由に故郷へ帰った。

その後は公孫瓚(こうそんさん)に仕える。袁紹に寝返った王門(おうもん)が1万の兵で攻め寄せると「あなたが寝返ったのは正当な理由があるからではなく、ただ乱を好むだけですか」とやり込め、恥じ入った王門は戦わずして撤退した。
しかし公孫瓚は自身が母の身分が低いせいで名声高い人々に評価されなかったことから、優れた人物を用いない傾向にあったため、田豫が重用されることはなかった。

公孫瓚が袁紹に敗死すると、旧知の鮮于輔(せんうほ)に身を寄せた。
曹操と袁紹が対立する中、鮮于輔は誰に従うべきか田豫に相談し、曹操を勧められともに仕えることとなった。
田豫は曹操の三男・曹彰(そうしょう)の副将に任じられ代郡の烏桓族を討伐した。伏兵に包囲された時、車で円陣を作り弓や弩で迎撃するよう進言し窮地を救った。代郡の平定にあたり田豫の策略は大いに貢献したという。

南陽太守に転じると、前年に起きた反乱の影響で盗賊がはびこり500人が収監されていた。
田豫は彼らに仲間を説得するよう言い含め釈放したため、感謝した囚人らは次々と仲間を説き伏せ、戦わずして盗賊はいなくなった。

曹丕の代になると再び北方の異民族が国境をたびたび侵したため、田豫は烏桓・鮮卑・匈奴に対処した。
ここでも彼らが協力し合わないよう裏で手を回す離間策で兵を出さずに鎮圧に努めたが、機を見て百騎足らずで出撃し烏桓の王を斬り捨てることもあった。
9年にわたり奮闘したが、幽州刺史の王雄(おうゆう)と対立し讒言を受け汝南太守へと左遷された。(王雄は後に鮮卑で最大勢力を誇った軻比能(かびのう)の暗殺に成功した)

曹叡(そうえい)の代になり公孫淵(こうそんえん)が反乱を起こすと、曹叡は田豫に汝南太守のまま青州の兵を統率させ(郡太守がしかも任地と別の州の兵を率いるのはきわめて異例)討伐させようとした。
しかし間もなく公孫淵と呉が同盟したという情報が入り、曹叡は撤退を命じた。
田豫は公孫淵の進撃路を予想し伏兵を置いた。諸将は的外れだと嘲笑したが、田豫の予想通りに敵が現れたため大戦果を挙げた。
諸将はこれに気を良くし討伐軍の進撃を唱えたが、田豫は反対し曹叡もそれを認めた。
そしてこの時も青州刺史の程喜(ていき)が田豫に軍権を奪われたことを恨み讒言したため、田豫は賞されることもなく解任された。

その後も合肥新城で呉軍を防ぎ、また并州刺史を務め異民族と戦った。
晩年は中央に召還されたが老齢のため重病だと偽り辞去した。官職を退くと援助を断り質素な暮らしをした。現役の頃にも戦利品や恩賞は残らず配下に与え、賄賂も全て帳簿に記入し国庫に入れており、無数の戦功がありながら昇進を断り、あるいは讒言で何度も左遷されたため官位は刺史より上にはならず、家族は窮乏していたという。
生没年は不明だが82歳で亡くなり、その死は異民族にも惜しまれた。
254年、家族の窮乏を知ってか生前の功績により銭と穀物が遺族に下賜された。

「演義」には呉軍が侵攻してきた時、曹叡の命で襄陽に向かったという記述しかない。
劉備の草創期からの配下(しかも少年兵)で清廉潔白な名将でありながら創作で採り上げられることがほとんどないのは不思議な限りである。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R