忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・甄姫  薄幸の麗人



甄姫(しんき)字は不明
中山郡無極県の人(182~221)

~経歴~
曹丕の妻。三男五女の末っ子でなぜか彼女の名前だけが不明。
はじめは、袁紹の次男・袁煕の妻だったが、冀州を曹操が攻め落とすと曹丕は真っ先に袁煕の屋敷に乗り込み、評判の美人だった甄姫を奪い去った。
才色兼備でつつましやかな人物だったが、次第に曹丕の寵愛は薄れていき、次々と側室をめとられていく。恨み言を漏らしたのが運の尽き、既に心の離れていた曹丕に死を命じられた。
曹丕に振り回された一生であった。

甄姫が亡くなった翌日、日食が起こった。当時は天変地異は非常に恐れられており、凶事の前ぶれとして諸官は占いにより大尉(政治の最高権力者の一人)を罷免するよう曹丕に上奏した。しかし曹丕は「これは天が私の行いに怒り起こしたものだ」と取りあわなかった。
自分の意に添わない相手には冷血とされる曹丕にも、甄姫に死を賜るにあたり、感傷がなかったわけではないのだろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R