忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・王粲  建安七子・記憶力王



王粲(おうさん)字は仲宣(ちゅうせん)
兗州山陽郡高平県(177~217)

魏の臣。優れた文学者で「建安七子」に数えられた。
祖父・曽祖父ともに三公の地位にあったが、大将軍の何進(かしん)に仕えた父は、出自の卑しい何進を嫌い縁組を断ったため免職となり、しかも間もなく亡くなってしまい一家は没落した。
王粲は風采が上がらず人から侮られたが、博学で記憶力に優れた。
ある時、碁を打っている人が碁盤を誤って倒してしまった。通りすがりにそれを見た王粲は一瞬で盤面を記憶しており、元通りに石を並べてみせた。
大学者の蔡邕(さいよう)だけは幼い彼の才能を見抜き、蔵書を惜しげもなく与えたという。

長じると都から召し出されたが、董卓やその残党が跋扈していた都を去り、荊州に流れ着き劉表(りゅうひょう)に仕えた。
ここでも評価されなかったが、208年に曹操が荊州を支配下に置くと、ようやく才能を見出された。曹操が儀礼制度を制定する際には、必ず王粲を責任者に命じた。

217年、41歳で病没した。
詩作での交流も深かった曹丕は葬儀に際し、王粲がロバの鳴き声を好んだことから弔問客に鳴き真似をするよう提案した。
また曹植(そうしょく)も王粲をしのぶ詩を著し、彼の代表作に数えられる。

それからわずか2年後、魏諷(ぎふう)の反乱に連座し、王粲の二人の息子も処刑され直系の血は途絶えた。
処刑を命じたのは都の留守をあずかっていた曹丕で、遠征先でそれを聞いた曹操は「自分がいれば王粲の血を絶やさせることはなかった」と嘆いたという。

ちなみに「蒼天航路」では姿こそ登場しないものの、曹操の発案で蔡邕の娘・蔡文姫とともに、著作の復元に臨むことが記されている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R