忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・王異  奥様は烈女



王異(おうい)
涼州漢陽郡の人(??~??)

魏の臣・趙昂(ちょうこう)の妻。「正史」で唯一、直接合戦に参加した女性である。

夫が羌道の令になったとき、王異は子供たちとともに西県に住んでいた。
しかし梁双(りょうそう)が反乱を起こし、王異の二人の息子を殺してしまった。
王異は乱暴される前に自害しようとしたが、まだ6歳の娘を一人残せないと思いとどまり「西施(古代の絶世の美女)とて不潔にしていれば誰も近づかないでしょう。ましてや私は西施のような美人ではない」と言うと、衣服に汚物をなすりつけ、食事を断ってやせ衰え、醜く装った。
やがて反乱は治まり、趙昂から迎えの使者が訪れた。夫の待つ羌道へ向かう途上、王異は娘に「歴史に名を残す女性たちは、たとえ部屋に火をかけられ焼け死んだとしても貞節を守るためには逃げようとしなかったといいます。しかし私は騒乱にあい息子を失いながらも死ぬことができませんでした。こうして生き恥をさらしているのも、全てはあなたを助けるためです。あなたが無事に父のもとにたどり着けるのだから、私はもう必要ないでしょう」と言うや、毒をあおった。
さいわい解毒剤があったため、むりやり口をこじ開けて飲ませ、なんとか王異を助けることができた。

213年、一度は曹操の遠征軍に敗れた馬超が、再び反乱を起こし趙昂の守る冀城を攻めた。
王異も自ら矢を放って応戦し、自分の装飾品や高価な衣服を褒美として兵に与え、士気を高めたという。
8ヶ月にわたり籠城したが、兵糧が尽き、援軍も認められなかったため涼州刺史の韋康(いこう)は降伏を考えた。
趙昂や楊阜(ようふ)は反対したが聞き入れられず、困った趙昂は妻に相談した。
王異は「都が援軍を認めずとも夏侯淵将軍は独断で助けに来るはずです。たとえ来なかったとしても最後まで節義を守り戦うべきです」と言った。趙昂ももっともだと思い韋康を説得しようとしたが、すでに韋康は馬超に降ってしまい、やむなくそれに従った。

馬超は約束を破り韋康を殺したが、趙昂を配下として使いたいと思い、息子を人質に出させて側に置いた。
しかし最後まで降伏に反対していたことから信頼しきれず、常に警戒していた。
すると王異は馬超の妻に取り入り、「戦いが終わったばかりでまだ周囲は動揺しています。混乱を治め、曹操と戦うためには、趙昂らの力が必要でしょう」とささやき、信頼を得させた。

趙昂夫妻、楊阜らは裏で馬超討伐の作戦を練った。計画は固まったが、人質に出している息子を助ける算段が立てられずにいると、王異は「忠義を貫くためには自分の首を失ってもたいしたことではありません。ましてや一人の息子がなんだと言うのです。顔回(孔子の高名な弟子。若死にした)は百歳まで生きましたか? 義を尊びなさい」と言い、決行させた。
計画は当たり馬超は城を追われ、漢中に逃げた。

馬超は漢中の張魯(ちょうろ)に兵を借り、三度決起した。
王異らは祁山に布陣し防戦した。馬超は夫妻の息子を盾にしたが、いまさら降伏に応じるはずもなかった。息子はそのまま殺されたが、30日あまりの攻防の末、張郃の援軍が到着し、馬超は撤退した。
冀城が襲われてから祁山の戦いまで、趙昂は9つの策略をくり出し、王異はその全てに参画していたという。

「演義」では王氏(おうし)の名で登場するが、軍師や弓使いとしての活躍は描かれず、人質の息子を諦めるよう夫に説くことと、自分の装飾品などを兵に与えることだけが記されている。
創作よりも創作らしいこんなに面白い女傑を矮小化するとはもったいない限りである。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R