忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―魏・王思  老醜を細かく描かれる

王思(おうし)字は不明
兗州済陰郡の人(??~??)

魏の臣。

貧しい出自だったが魏に仕え、梁習(りょうしゅう)とともに西曹令史に上った。ある時、王思の出した意見書が曹操の逆鱗に触れ、逮捕を命じられた。だが王思は留守にしており、代わりに出向いた梁習が捕らえられた。
王思は急報を聞くと馬を走らせ駆けつけて、罪は自分にあると処刑を願い出た。
曹操は梁習がかばい、王思が逃げなかったことに感心し「我が軍に二人も義士がいるとは知らなかった」と罪を許した。その後、王思を豫州刺史、梁習を并州刺史へ同時に抜擢した。
(※ただし裴松之は、親しくもない王思をかばい、もしそのまま処刑されれば梁習は無駄死にである、と辛辣に評している)

王思は細かいことにうるさい性格だが、法に明るく機転が利き、優れた人物には礼を尽くしたため評判を取った。
曹丕の代には同じく貧しい出自から昇進した薛悌(せつてい)・郤嘉(げきか)とほぼ同等の官位に上り「薛悌は混じり気があり、郤嘉と王思は混じり気なしの役人である」と評され、揃って関内侯に封じられた。(『梁習伝』)

曹叡の代に劉放(りゅうほう)・孫資(そんし)が権勢を振るい、誰もが交際を求めたが辛毗(しんぴ)は一切それに加わらなかった。それを子の辛敞(しんしょう)に批判されると「劉放・孫資と上手く行かなくても、せいぜい三公になれないだけだ。三公になりたいために節義を失う者がどこにいる」と叱りつけた。
この言葉が耳に入ったのだろう、後に畢軌(ひつき)が「王思は古参の精励なる官吏ですが、忠誠と計略では辛毗に及びません。尚書僕射は王思から辛毗に交代させるべきです」と上奏されると、劉放・孫資は「陛下が王思を用いるのは努力を買い、虚名に惑わされないからです。辛毗は誠実だが強情で妥協しません」と反対し、起用されなかった。(『辛毗伝』)
人々は報復した劉放・孫資を批判した。(『劉放伝』)

正始年間(240~249)には大司農に上った。
しかし老いて耄碌し、目もよく見えなくなったため猜疑心が強くなり、常に腹を立てていたが、部下にはなぜ怒っているのかさえわからなかった。
ある時、父が危篤になったため休暇を願い出た部下がいたが、王思は「妻に会いたくて、母親が病気と偽る者が多い」と疑い、許可しなかった。
翌日に父の訃報が届いたが、王思は気にもとめなかった。

またせっかちさも酷くなり、ある時、筆に蝿が止まり、何度追い払ってもしつこくまとわりつくことがあった。王思は筆を置いて立ち上がり蝿を追ったが上手く行かず、ついには筆を床に叩きつけるとそれを踏み潰したという。

一連の老醜ぶりから王思は「魏略」で「苛吏伝」に収録されている。(『梁習伝』)

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R