忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・王必  古参メンバー



王必(おうひつ)字は不明
出身地不明(??~218)

魏の臣。曹操が挙兵した頃から付き従う古参の部下。
献帝への使者として長安へ上った時、都を牛耳っていた李傕(りかく)・郭汜(かくし)らに怪しまれ捕縛されそうになったが、鍾繇(しょうよう)の取り成しで助かった。それを聞いた曹操はもともと声望高かった鍾繇にさらに興味を抱いたという。

198年、曹操が呂布を捕らえた時、呂布は縄を緩めるよう求めた。曹操は内心では呂布の武勇を惜しんでいたため応じようとしたが、王必は呂布の危険性を訴え、処刑させた。なお「演義」ではこの役は劉備に振られている。

218年、友人である金禕が曹操が遠征した隙をつき韋晃(いこう)、耿紀(こうき)、吉本(きつほん)らとともに反乱を起こした。
留守をあずかっていた王必は夜襲を受け、金禕に矢を浴びせられた。
だが自分を撃ったのが金禕とも知らずに金禕の家へ助けを求めたところ、主が帰ったと勘違いした金禕の家臣は「首尾よく王必を討ち取れましたか?」と答えたため王必は首謀者が誰だか悟った。
王必は兵をまとめると厳匡(げんきょう)とともに反乱軍を鎮圧し、捕らえられた金禕らは一族郎党とともに処刑された。

しかし王必は矢傷がもとで反乱から2週間後に没した。
帰還した曹操は激怒し、後漢の百官を呼びつけると反乱の際に消火を手伝ったかどうか尋ねた。
百官らは助かりたい一心で全員が手伝ったと答えたが、曹操は「消火に加わった者は反乱に協力したものだ」と難癖をつけ全員を殺害したというが、あまりに曹操の性格から逸脱した話に思えるので創作の域を出ない。
だが曹操が怒りに我を忘れかねないほど王必を信頼していたとは言えるだろうか。

「演義」でも曹操の古参とされるが、金禕らの反乱鎮圧が初登場。
金禕が首謀者と知らずに助けを求めに行く下りはそのままだが、反乱を鎮圧したのは曹休(そうきゅう)とされ、事件の前には「酒にだらしがない」と司馬懿に評されるなど小物化が図られている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R