忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・王双  飛べ! おっぱいハンマー



王双(おうそう)字は不明。「演義」では子全(しぜん)とされるが「横光三国志」では子金(しきん)と誤植
出身地不明。「演義」では隴西郡狄道県の人(??~228)

~経歴~
魏の将。王双という人物は「正史」、「演義」ともに二ヶ所に登場するが、同一人物かどうかは不明。
本項では同一人物として記述する。

222年、関羽の仇討ちで呉を攻めた劉備が陸遜に敗れると、曹丕は戦を終えたばかりの呉に三方から大軍を送り込んだ。
濡須には曹仁が迫ったが、守る朱桓(しゅかん)は巧みな指揮で魏軍を返り討ちにし、常雕(じょうちょう)を斬り、王双を捕らえた。

228年、魏に帰された王双は曹真(そうしん)のもとにいた。
曹真は諸葛亮が北伐にあたって陳倉を攻めることを予測し、名将の郝昭(かくしょう)を入れ、ぼろぼろだった陳倉を改修させた。
はたして諸葛亮は陳倉に現れた。空き城同然だと思っていた陳倉がすっかり防備を整え、しかも名高い郝昭がいることに驚いたが、兵力差にものを言わせて力攻めした。
しかし郝昭の奮戦により城は落とせず、曹真の援軍が近づき、兵糧も尽きると諸葛亮は撤退を命じた。
曹真は王双に追撃させたが、伏兵によって王双は討たれた。
ちなみに「曹真伝」では郝昭とともに王生(おうせい)なる人物が派遣されており、これは王双の別名か一族の誰か、あるいは単なる誤記と思われる。

以上、「正史」では完全なチョイ役なのだが「演義」での王双は曹真の懐刀として脚色されている。
濡須の戦いで捕らえられる王双は別人として、流星鎚なる秘密兵器をあやつり、「演義」にしか登場しない謝雄(しゃゆう)、龔喜(きょうき)の二人を討ち取り、さらに張嶷(ちょうぎょく)に重傷を負わせた。
華々しいデビューを飾ったが、そのため諸葛亮に目を付けられてしまい、策にかかって魏延に討たれた。

ちなみに寝込んでいた曹真は王双が討ち取られたショックで病状を悪化させ、間もなく亡くなるのだが、「横光三国志」では王双戦死の一報を受けた際に「王双が斬られた。王双が斬られた。うーん」というインパクトのあるセリフとともに卒倒しており、このセリフや画像はネット上でよく用いられている。
さらに余談だが「横光三国志」で王双が用いる流星鎚はどう見てもおっぱいである。
なお絵師によるとこの王双の肖像は室伏広治を念頭に置いているという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R