忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・満寵  厳格なる守護者



満寵(まんちょう)字は伯寧(はくねい)
山陽郡昌邑県の人(??~242)

~経歴~
魏の将。
身長八尺(約190センチ)で18歳にして取り立てられ県令に任じられた。だが県の督郵(監査官)が横暴をきわめているのを見とがめ(ちなみにこの督郵の名は偶然にも張飛の息子と同じ張苞(ちょうほう)という)独断で処罰すると、責任をとって官を辞した。
評判を聞いた曹操に招かれると、刑罰を担当した。曹洪(そうこう)の部下たちが主君の威光をかさに着てたびたび罪を犯していたため、満寵は逮捕させた。曹洪が曹操に泣きつき釈放させようとすると、満寵は先手を打って全員を処刑した。それを聞いた曹操は「法を守るとはこういうことだ」と賞賛した。
またかつて大尉を務めた楊彪(ようひょう)が無実の罪で投獄されると、荀彧(じゅんいく)らが釈放を嘆願したが、満寵は「まずは罪を明らかにすべきだ」と規則通りに楊彪をムチ打ちして尋問した。曹操はあわてて楊彪が無実だと確認し釈放させた。
このように満寵は常に法に対して厳格だったが、公明正大で驕りたかぶらなかったため、彼を疎む人はほとんどなかった。

官渡の戦いの際には、袁氏の故郷である汝南の太守に任じられ、親族の反乱を防ぎ、また袁氏と連動して蜂起した黄巾軍残党の劉辟(りゅうへき)、援軍として派遣された劉備らと戦った。
その後の赤壁の戦い、合肥の戦いでも満寵は多くの戦果を挙げたという。
219年、関羽が水攻めで于禁(うきん)、龐悳らを打ち破り、樊城にこもる曹仁を包囲した。水位は樊城を飲み込まんばかりに上がっており、曹仁は退却を考えたが、副将の満寵は「城は高地にあり水没することはない。我々がここに踏みとどまっていれば、関羽はこれ以上の進撃はできない」と説得し翻意させた。
はたして援軍の徐晃が駆けつけ、また呉軍が裏切り背後に回ると、関羽は撤退した。この功績で満寵は候に封じられた。

228年、呉方面の司令官だった曹休(そうきゅう)は呉の周魴(しゅうほう)の偽装投降を信じて兵をあげ、さんざんに敗北した。満寵はかねてから「曹休は戦の経験が足りない」と警告しており、彼の目の正しさが証明された。曹休が病没すると、満寵は後任となった。その際には汝南の民や兵の多くが満寵を慕い勝手についていき問題となるほどだった。
しかし揚州刺史の王凌(おうりょう)は以前から満寵とそりが合わず、この時も呉の孫布(そんふ)の寝返りをめぐって意見が対立した。王凌は寝返りを信じ、満寵は周魴の時と同じ計略だと反対したため、王凌は「満寵は年老い呑んだくれてばかりいる」と讒言し、曹叡(そうえい 魏の二代皇帝)は満寵を都に召喚した。
その隙に王凌は兵を挙げたが、やはり孫布の寝返りは呉の計略で、王凌は敗走した。
曹叡は満寵がもうろくしておらず、またいくら酒を飲ませても酔わないのを確認すると、すぐに復帰させた。

合肥に戻った満寵は、激戦で城が老朽化し、また呉軍が水路を利用した攻略法を確立しつつあるのを危ぶみ、河から遠い内陸部に合肥新城を築くよう上奏し、承認させた。
呉軍は合肥新城にもたびたび攻め寄せたが、満寵の守りは堅く、いずれも撃退された。

238年、老齢から満寵は任を解かれ、都に上がり大尉となった。蓄財に興味のなかった満寵の家は貧しかったため、曹叡は多くの恩賞を与えた。
242年、満寵は没した。あとを継いだ息子や孫たちは、いずれも満寵と同じく長身であったという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R