忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―魏・武陔  武周の慎み深い長子

武陔(ぶがい)字は元夏(げんか)
豫州沛国竹邑の人(??~??)

魏の臣。
武周(ぶしゅう)の長子。

3人兄弟は幼い頃から声望高く、武周は同郷の劉昶(りゅうちょう)に人物鑑定を頼んだ。
長男の武陔は宰相に、下の二人も高位に上るだろうと見立てられた。

武陔も人物鑑定に長じ、陳泰(ちんたい)と親しく付き合った。
曹叡(そうえい)の代に下邳太守になったのを皮切りに、司馬師の代には司隷校尉となり列侯された。
司馬昭に陳泰とその父の陳羣(ちんぐん)との優劣を尋ねられ、それぞれの長所を挙げて優劣付け難いと答え、感心させた。
265年頃には鑑定眼を買われ人事を司った。
三公の一歩手前まで上ったが、魏の旧臣として義理立てし、晋の建国には関わらなかったとして昇進を拒んだため宰相になることはなく、人々に美談と讃えられた。

没すると定侯と諡された。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R