忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・李通  侠客将軍



李通(りつう)字は文達(ぶんたつ)
江夏の人(168~209)

魏の将。幼名は万億(ばんおく)と伝わる。
武勇に優れ侠気に富んでいた。はじめは陳恭(ちんきょう)とともに挙兵した。近隣の豪族の周直(しゅうちょく)と対立すると、李通は陳恭が決断力に欠けることを知っていたため、一人で計画を立てると宴席で周直を暗殺し、軍勢を奪った。
陳恭は間もなく親族によって殺されてしまったが、李通はすぐに仇を取ると、その首を陳恭の墓に供えたという。
さらに黄巾賊の呉覇(ごは)を下し勢力を増したが、飢饉に遭い配下と食料を分け合って飢えをしのいだ。

付近の豪族に対抗するためもあり、李通は献帝(けんてい)を擁し台頭し始めた曹操の傘下に入った。
宛城の戦いで曹操が張繍(ちょうしゅう)に敗れた時、劉表(りゅうひょう)軍が現れ窮地に陥ったが、李通が駆けつけ張繍を撃破したため事なきを得た。
曹操は黄巾賊の勢力の盛んな汝南郡を分割し、陽安郡を設置すると李通を都尉に任じた。
その頃、李通の妻の伯父が罪を犯し、陽安郡の朗陵を治める趙儼(ちょうげん)は処刑を命じた。李通の妻は夫に減刑を嘆願するよう願ったが、私情よりも道義を優先すべきだと李通はそれを断り、かえって趙儼を評価し親交を結んだ。

200年、官渡の戦いで袁紹は豫州の諸郡に調略を仕掛けた。李通の治める陽安郡を除きことごとくが袁紹方に寝返り、李通も征南将軍の地位を餌に内応を誘われたが拒絶した。
この時、李通は陽安郡から強硬に税を取り立てようとしたが、反乱を招くとして趙儼にたしなめられたという逸話も残る。
やがて曹操が袁紹を破ると、李通は汝南太守へと昇進した。

208年、赤壁の戦いの後、周瑜は曹仁の守る南郡を包囲した。曹仁は敵中に孤立したが、李通が包囲を破って救い出した。
だが衆寡敵せず南郡は陥落し、撤退中に李通は病を得て死去した。享年42。

220年、曹丕は皇帝に即位すると李通の武功を取り立て「官渡の戦いの時、許都から南は全て袁紹に寝返ったが、李通の陽安郡だけはそれに同調しなかった」と激賞し剛侯と諡した。

その他、「神医」とうたわれた華佗(かだ)の逸話にも李通は登場する。
妻が病に苦しみ、相談すると華佗は「流産した子供が胎内に残っている」と診立てた。
李通は子供は無事に産まれていると反論したが、果たして子供は双子で、片割れだけ流産し残っていたという。

なお「演義」での李通は完全なチョイ役で、潼関の戦いで馬超と一騎打ちしあっさり討ち取られている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R