忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・李勝  金魚を真似たどじょう



李勝(りしょう)字は公昭(こうしょう)
荊州南陽の人(??~249)

魏の臣。父は漢中を治めた五斗米道の教祖・張魯(ちょうろ)に仕え、魏に降伏すると張魯とともに列侯に封じられた。
父の威光により李勝は曹爽(そうそう)や夏侯玄(かこうげん)ら名家の子弟と交流し「四聡八達」の一人に数えられた。
だが魏帝・曹叡(そうえい)は軽佻浮薄な彼らを「画餅(絵に描いたモチ)」だと嫌い、全員を免職とした。

その後、曹叡が没し幼い曹芳(そうほう)が即位すると、曹爽が実権を握り李勝、夏侯玄らかつての同志を次々と要職につけた。
244年、軍権を持つ司馬懿に対抗するため曹爽は手柄を立てようと、蜀への遠征を企てた。李勝らも賛同するが王平(おうへい)に大敗を喫してしまい、手柄を諦めた曹爽は司馬懿を昇格のうえ閑職に追いやることで権力を強めた。
李勝は太守に任じられ治績を挙げたが、前任者より法を緩めたため一時的な名声を得ただけだと評される。

248年、出身地のため着任を法で禁じられていた荊州刺史の座に、曹爽のゴリ推しでついた。
曹爽は着任の挨拶がてら、病気療養と称して家にとじこもっていた司馬懿の様子を見に行くよう命じた。司馬懿は意図を察すると耄碌したふりで李勝を騙し、曹爽を油断させた。
そして翌年、曹爽が都を空けた隙をつき司馬懿は挙兵すると、曹爽一派を一網打尽にした。まだ荊州に赴任していなかった李勝も捕らえられ、曹爽らとともに処刑された。

ちなみに「四聡八達」の他のメンバーである諸葛誕は後に大規模な反乱を起こして処刑。夏侯玄も反乱未遂で処刑。鄧颺(とうよう)も李勝らに連座して処刑と、名前の判明している者はほとんどが反乱に絡み命を落としている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R