忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・曹純  早世した麒麟児



曹純(そうじゅん)字は子和(しか)
豫州沛国譙県の人(174?~210)

曹仁の弟。曹操の従弟にあたるが血縁はない。
14歳の時に父が没し、すでに曹仁も家を出ていたため跡を継いだ。若さに似ず家財を巧みに管理し、数百人の家臣や食客をよく監督した。学問にも通じ多くの学者を集め賞賛され、18歳で早くも曹操に仕えた。
曹操は虎豹騎という精鋭部隊を作り、悩んだ末に曹純を指揮官に任じ、曹純もよく期待に応えた。
また若くして財産運営に優れたためか、逆に金にがめつく吝嗇家の曹洪(そうこう)の行く末を曹操は案じ、いつか曹洪は金で失敗するから注意するよう曹純に言い含めていた。
(はたして曹洪は曹操の死後、かつて借金を断った曹丕に恨まれ命を落としかけた)

205年、袁譚(えんたん)の守る南皮の包囲戦に、曹純も加わった。
防備が固く被害も大きかったため曹操は撤退を考えたが、曹純は「遠征に失敗すれば威光を失います。いま敵は勝利につけ上がり、味方は敗北し慎重になっています。慎重な者がつけ上がった者と戦えば必ず勝つでしょう」と進言した。
曹操はもっともだと考え、一転して総攻撃を命じ、曹純は虎豹騎を率いて袁譚を討ち取った。

207年には烏桓の単于(王)蹋頓(とうとん)も討ち取り、侯に封じられた。
208年、長坂坡の戦いでは劉備を撃破し、2人の娘を捕虜にした。
大いに将来を嘱望されたが210年、40歳前後の若さで没した。曹操は曹純の他に虎豹騎を率いられる者はいないと考え、後任を立てず自ら指揮するようになったという。

「演義」ではただの脇役で、209年の南郡の戦いに曹仁配下として登場した他、とっくに死んでいるはずの馬超との戦いにも顔を出す程度の扱いである。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R