忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―魏・曹彦  曹爽の地味な弟

曹彦(そうげん)字は不明
豫州沛国譙の人(??~249?)

魏の臣。
曹真(そうしん)の子(五男?)。

231年、魏の重鎮だった父が没すると兄の曹爽(そうそう)が後を継ぎ、曹彦ら5人の弟も列侯に封じられた。

曹爽が魏の実権を握ると弟らも要職に任じられ、曹彦は散騎常侍・侍講に就いた。
次兄の曹羲(そうぎ)は曹爽の専制を憂慮し、横暴な弟らに訓戒する名目で、間接的にたびたび諌めた。この弟らは曹彦・曹訓(そうくん)を指すと思われる。(『曹真伝』)

249年、司馬懿は決起して都を占拠し、専横をきわめていた曹爽(そうそう)一派を処刑させた。(『斉王紀』)

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R