忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・文鴦  趙雲の再来とうたわれた若武者



文鴦(ぶんおう)字は不明
※文俶(ぶんしゅく)が正式な名だが著名な文鴦で記す
譙国譙県の人(238~291)

~経歴~
魏の将。文欽(ぶんきん)の次子。
父が毌丘倹(かんきゅうけん)の反乱に呼応したため、それに従う。18歳だった文鴦は武勇に優れ、司馬師(しばし)の討伐軍に、自ら申し出た夜襲を仕掛けるが、父の軍が刻限になっても現れずやむなく撤退した。
逃げ遅れた毌丘倹は戦死し、父の文欽も敗れたが、文鴦が十数騎をつれて追いすがる敵軍に何度も突入し、追撃を退けた。本陣まで切り込まれた司馬師は、恐怖のあまりわずらっていた片方の目玉が飛び出してしまい、その月のうちに息絶えた。文鴦の活躍は人々に「趙雲の再来」とうたわれた。
呉に逃れた文欽らは、諸葛誕(しょかつたん)が魏に謀叛を起こすと援軍として派遣された。だが文欽は諸葛誕と仲違いして殺されてしまい、文鴦は兄の文虎(ぶんこ)とともに城壁を乗り越えて逃げ出し、魏に降伏した。
司馬昭(しばしょう)は「本来なら裏切り者の文鴦らは殺すべきだが、降伏した者を殺したら諸葛誕の反乱軍は決死の覚悟を固めるだろう」と考え、文鴦ら兄弟を赦し将軍に取り立てた。
文鴦らが先鋒として攻め寄せ「文欽の子の我々でさえ赦されたのだ。他の者が心配することがあろうか」と呼びかけると、動揺した兵は次々と寝返った。士気を落とした諸葛誕の軍は敗れ、文鴦らは父の遺体を引き取り手厚く埋葬した。
その後、文鴦は涼州の異民族への対策を任され、大いに手柄を立てたが、司馬繇(しばよう)がクーデターを起こし軍権を握ると、諸葛誕の外孫だった彼は仇討ちを恐れて、文鴦が謀叛を企てていると偽り、一族を皆殺しにしてしまった。


~超・三国志での文鴦~
諸葛亮が司馬懿を地雷で爆殺するトンデモ三国志『超・三国志』では文鴦は蜀の将として登場し、得意の弓で大活躍した。運命に翻弄された若武者・文鴦が民衆に慕われていたことがしのばれる。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R