忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・成公英  忠節の狙撃手



成公英(せいこうえい)字が公英か
涼州金城郡の人(?~?)

~経歴~
韓遂に長く仕え、後に魏に仕えた。
韓遂は婿の閻行(えんこう)の軍に攻められ大敗した。配下がみな逃げ去ってしまうなか、成公英は韓遂のもとに残り「魏軍に遠征する力はない。羌族に身を寄せ力を蓄えましょう」と助言した。やがて韓遂はもとの勢力を取り戻した。
ところが韓遂は暗殺されてしまい、成公英は曹操に降り軍師として迎えられた。
ある時、曹操は成公英をつれて狩りに出た。3匹の鹿が目の前に現れると、成公英は3発の矢を撃って3匹ともしとめて見せた。曹操は感心しながらなにげなく「韓遂に仕えたように私に仕えることはできないか」と問うた。すると成公英は馬を飛び降り「あなたには嘘をつけません。韓遂が生きていたら私はここにいませんでした」と答えた。
曹操は彼の忠誠心に感激し、敬愛するようになった。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R