忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・張郃  臨機応変



張郃(ちょうこう)字は儁乂(しゅんがい)
冀州河間郡鄚の人(?~231)

~経歴~
魏の勇将。

若い頃に黄巾賊討伐の募兵に応じて仕官し、はじめに韓馥(かんふく)の配下となった。
韓馥が袁紹の謀略によって地位を追われると、袁紹の麾下となりその勇猛さから重用された。
200年、官渡の戦いで戦線が膠着すると、張郃は軽騎兵で曹操軍の背後を襲う策を進言したが、取り上げられなかった。
やがて袁紹の謀臣・許攸(きょゆう)が曹操に寝返り、袁紹軍の補給基地が烏巣にあると教えたため、曹操は烏巣を急襲した。
郭図(かくと)は「曹操軍が手薄になった隙に本陣を襲うべし」と唱え、張郃は「本陣はそう簡単には落ちない。烏巣に援軍を送るべきだ」と主張したが、優柔不断な袁紹はどちらを採るか決断できず、兵を二つに分けて、烏巣と曹操軍本陣の両方に兵を送る(しかも反対した張郃を本陣攻撃の主将にしている)という中途半端な命令を下した。
結局、烏巣は陥落し、曹操軍の本陣は落とせず、張郃の危惧は最悪の形で現実となった。
郭図が「張郃は予想が当たったと敗北を喜んでいます」と讒言したため(ちなみに郭図はこの他にも多くの讒言をしたとされるが、どれも明確な証拠はない)行き場を失った張郃は、副将の高覧(こうらん)とともに曹操に降った。
曹洪(そうこう)らは張郃の降伏を怪しんだが、荀攸(じゅんゆう)は「張郃は策を採用されなかったことを怒り降伏したのです」と擁護し、曹操は「昔、伍子胥(ごししょ)は誤った君主に仕え命を落とした。張郃が私に降ったのは、韓信(かんしん)が項羽(こうう)のもとを去り、劉邦(りゅうほう)に仕えたのと同じ正しい選択だ」と、張郃を古の名将になぞらえて歓迎した。

以降、張郃は曹操軍の主力として戦い、前歴を活かして袁紹軍の領地を次々と落とした。特に張遼と先陣を競い合うことが多かった。
211年、馬超が西涼で決起してからは、主に西方で戦い多くの武功を立てた。
夏侯淵の副将として漢中の守備についたが、劉備が侵攻してくると苦戦を強いられる。張飛の策略にはまって大敗し、さらに包囲されて窮地に陥った。
夏侯淵は兵の半数を割いて救援に向かわせたが、これは劉備軍の軍師・法正(ほうせい)の狙い通りで、手薄になった本陣を襲われ夏侯淵は戦死した。
兵は動揺したが、郭淮(かくわい)、杜襲(としゅう)の推薦で張郃が主将代行となると、たちまち動揺は治まった。
劉備も「張郃の首を取らなければ、夏侯淵を討ち取ったことなど問題にもならない」と警戒し、戦いを急がなかった。
その後、曹操自ら援軍に駆けつけたが、劣勢は覆せず漢中は劉備の手に落ちた。

曹丕、曹叡(そうえい)の代になるとより重宝され、北方の異民族討伐から呉との戦いまで、縦横無尽に駆けめぐった。
諸葛亮が北伐を開始すると司馬懿とともに迎撃に赴いた。
街亭に進出した馬謖(ばしょく)が山上に陣を築くのを見ると、張郃はすかさず水の手を断ち、疲弊した馬謖軍をさんざんに打ち破った。諸葛亮の北伐はこの一戦で頓挫したと言って過言ではない。

だが231年、第四次北伐で蜀軍と戦い、これを退けたものの、追撃中に右膝に矢傷を負い、それがもとで亡くなった。
一説には張郃は追撃に反対したが、そりの合わなかった司馬懿によって、無理な追撃を命じられたという。

張郃は戦況や地形に応じて臨機応変に策を立て、統率力にも優れていたため、諸葛亮ら蜀軍に最も恐れられたといい、陳寿も曹操の配下で最も功績を立てた一人とし、張遼、徐晃、于禁(うきん)、楽進(がくしん)と同じ章に収めている。

『演義』など創作では張飛に手玉に取られたことからか猪武者に描かれがちだが、実際は儒学者を庇護するなど教養高く、投壺(現代のダーツのような遊び)や詩作に興じる風流な一面もあった。
が、そのせいかゲーム『三國無双』ではあんなキャラにされてしまっている。
ちなみに吉川英治の作中では、曹操に降ってすぐ関羽に斬られる、長坂の戦いで趙雲に斬られる、と二回も余計に戦死しており、張郃ほどの名将を知らなかったのではと、「吉川実は三国志詳しくない説」の傍証とされることがある。
さらに余談だが横山光輝のマンガでは関羽には斬られることもなく(というかその戦い自体が描かれない)、長坂の戦いで斬られる鉄球使い(なぜか吉川三国志での張郃はこのとき鉄球使いなのだ)も無名の武将になっている。さすが横光。
創作ではなにかと不遇な人物である。

拍手[2回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R