忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・州泰  平民出の名将



州泰(しゅうたい)字は不明
荊州義陽郡(または南陽郡)の人(??~261)

魏の将。鄧艾と同郷で、事績の多くは鄧艾の伝に付記されている。
はじめは荊州刺史の裴潜(はいせん)に仕えた。荊州・豫州を統括していた司馬懿のもとへ使者として送られるうちに見込まれた。反乱した孟達の討伐では先導を務めている。
9年の喪に服した後、孟達が治めていた新城の太守に任じられた。司馬懿は州泰の喪明けを指折り数えて待っており、まず自分の属官に取り立て、そのわずか36日後に太守に抜擢した。平民上がりの州泰は人々から侮られたが、堂々と受け答えし感嘆させたという。

その後も主に呉との戦いで武功を重ね、政治手腕にも優れたため豫州・兗州の刺史も務め、鄧艾、王基(おうき)、石苞(せきほう)らと並び称された。
259年、荊州都督の職が二分されるとそれぞれ州泰と王基が任命された。

平民から魏後期でも五指に入る名将へと上り詰めた傑物ながら、「演義」では一部隊の将くらいの扱いしか受けていないのは気の毒である。

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

石苞?

2. 無題

??

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R