忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・孔融  儒学の権化



孔融(こうゆう)字は文挙(ぶんきょ)
青州魯国曲阜県の人(153~208)

~経歴~
魏の臣。孔子の20代目の子孫で、自身も大儒学者。出身地も孔子と同じである。

子供の頃から聡明で10歳の時、高名な李膺(りよう)に「旧友である」として面会を求めた。李膺が首をかしげていると孔融は「孔子の友人である老子の姓は李です。孔子が老子に会いに来ました」と言い、感心した李膺は招き入れた。
同席した陳煒(ちんい)は生意気な子供に一泡吹かせようと「子供の頃は聡明でも、大人になってからも同じとは限らないぞ」と言ったが、孔融は「するとあなたは子供の頃はたいへん聡明だったのでしょうね」とやり返したという。
13歳の時に父を亡くすと、服喪のため度を越した精進で自力で立てないほどにやせ細り、その孝心を讃えられた。
16歳の時、張倹(ちょうけん)という者が讒言をされて逃亡し、孔融の兄を頼ってきた。だが兄は不在で、年若い孔融だけだったので、張倹はあなどって事情を話さず途方に暮れた。すると孔融は「私でも相談に乗れないわけではありません」と言い、わけも聞かず張倹をかくまった。
やがて追っ手は孔融の家を突き止め、張倹は逃げ出したが孔融と兄は捕らえられた。しかし誰が共犯者なのかわからず、事情聴取をすると、孔融は「罪人をかくまったのは私ですから私を罰してください」と言い、兄は「張倹は私を頼ってきたのです。弟に罪はありません」とかばい、二人の母は「我が家のことは家長の私に責任があります」と、三人がそろって自分こそを処刑すべきと申し出たため、役人は困り果てて朝廷に伺いを立てた。
結局、兄が死罪となったが、これにより孔融の名は一躍世間に知られることとなった。儒学の権化と呼ばれる孔融は、若いおりからこのようであった。

長じると都に上がり、北海太守、青州刺史などを務め王脩(おうしゅう)ら多くの人材を抜擢した。
儒学の布教にも熱心で、大学者の鄭玄(じょうげん)を手厚く遇し領地まで分け与えた。また徐州刺史・陶謙(とうけん)の亡き後、その遺言で劉備を後任になるよう説得した。
だがその政務は形式と法を遵守するあまり現実味に欠け、実行力がなかったという。

北方で袁紹が勢力を拡大すると、任地を追われ都に戻り、朝廷に仕えた。重職を歴任し、朝議の際には中心となって発言した。孔子の子孫で卓越した文才を持つ孔融はたちまち文壇の寵児となり、陳琳(ちんりん)、王粲(おうさん)らとともに「建安七子」の一人に数え上げられた。
また多くの人材を見出しては登用させた。面と向かって短所を指摘するが、裏ではその長所を賞賛し、まるで人材を見つけて黙っていることを罪だと感じているようだったという。

しかし直言をはばからない孔融は、現実主義で儒学を嫌う曹操と事あるごとに対立した。納得のいかない施策があると故事を引いて厳しく批判したが、正論は少なく、大半が感情的な、当て付けがましいだけの屁理屈であった。
208年、孫権との戦いを前に、孔融は孫権からの使者に曹操を中傷する発言をしたという罪で投獄され、ついに処刑された。聖人・孔子の子孫を殺したことは、末永く曹操が非難される原因の一つとなった。

その後、曹丕は孔融の遺した詩文を読んでは「古の大文学者にも劣らない」と死を惜しみ、詩、手紙、公的文書と種類を問わず孔融の著作物を求めては、届け出た者に褒美を与えたという。


~孔融の子~
処刑された際、孔融の9歳と7歳になる二人の子は、幼いために処刑を免れた。
父が逮捕されたとき、兄妹は碁を打っていたが、一報を受けても全く動じなかった。どうして驚かないのか尋ねられると兄は「鳥が巣を壊されて、卵だけが無事なものか」と処刑される覚悟ができていると答えた。
また父の死後、預けられた家で肉入りのスープを出されたとき、兄が食べるのを見ながら妹は「父上は古きよき音楽を聞き、3ヶ月の間、感動のあまり肉の味がわからなかったと言っていました。私たちは長くは生きられないのに、兄上はよくもまあ肉の味がわかるものですね」と言い、兄は不明を恥じて泣き崩れた。
それを伝え聞いた曹操は、まるで孔融の生き写しか、それ以上の才覚を示す子供たちに脅威を感じ、急ぎ処刑を命じた。
いよいよ殺されるというときも、妹は「もし死んでも物がわかるなら、両親に会えるんだからうれしいことじゃない」と、自ら首を差し伸べたという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R