忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・唐彬  心を攻める名将



唐彬(とうひん)字は儒宗(じゅそう)
魯国鄒の人(235~294)

~経歴~
武門の家に生まれ、体格に恵まれ武勇に優れ任侠を好み、小さなことにこだわらず器が大きかった。長じると大学者につき経史を学び、順調に出世を重ねた。
王沈(おうちん)に招かれ呉に対する策を聞かれると、とうとうと論じたため周囲の者はいたく感心した。都に名声が届き中央から招かれると誰もが喜んだ。

唐彬の名は都にも大きく響いており、司馬昭(しばしょう)がその人となりについて左右の者に尋ねると、孔顒(こうぎょう)は唐彬の才能を恐れて無言を通したが、陳騫(ちんけん)は「唐彬の才には私も全くかないません」と答えた。すると司馬昭は「陳騫ほどの人材はそう得られるものではない。何をもって勝敗をつけるのか」と笑い、興味を持つと唐彬を召し出して自ら質問した。
「あなたにはいかなることが出来るのか?」と問われた唐彬は「巷の噂から古人の歴史まで、私が語れば満天下の口に勝りますし、満天下の恨みを買うこともできます」と答えた。司馬昭は「唐彬の名声は虚名ではなかった」と喜び重用するようになった。

264年、鄧艾(とうがい)、鍾会(しょうかい)が蜀を降伏させたが、鍾会は反乱を起こして艾を殺し、自分もまた誅殺される混乱が起こった。そのため司馬昭は唐彬を蜀に派遣して、情報を集めさせた。
唐彬は「鄧艾が先に成都(蜀の都)を攻略しましたが、鄧艾はおごりたかぶって勝手に論功行賞をし、自身の銅像を建てさせるなど民に圧政を強いて、もともと野心の深かった鍾会の反乱を招きましたが、両者はすでに斬られ、援軍も到着していますので反乱を鎮圧するのに心配はありません」と報告し、司馬昭はもっともだとうなずき、ますます唐彬を信頼するようになった。

唐彬は晋の時代になっても司馬炎(しばえん)に重用され、数々の治績を挙げた。
母が亡くなり喪に服したが、益州監軍の職に欠員が生じ、唐彬か楊宗(ようそう)のどちらかを任命しようという議論が交わされた。
意見を求められた文立(ぶんりゅう)は「唐彬は財欲が強く、楊宗は酒癖が悪く、どちらもふさわしくありません」と答え、司馬炎は「財欲は金を与えて満たしてやれば済むが、酒癖を改めるのは難しい」と裁定を下し、唐彬を任命した。

赴任した唐彬は自ら呉との国境を巡回し、侵攻されればそれを防ぎ、よく期待に応えた。
279年、ついに呉の攻略が始まると、蜀の兵8万を率いて王濬(おうしゅん)とともに攻め上がった。
唐彬の水軍は呉軍を次々と打ち破り、首都の建業まで迫ると、呉の皇帝・孫皓(そんこう)は降伏し、ここに三国統一は成された。

間もなく北方で鮮卑族が国境を侵すと、唐彬は迎撃に向かいすぐに降伏させ、領土を拡大し万里の長城を修復し、さらに治政に務めたため、犬が吠えることすら無くなるほどの安寧をもたらした。
その後も各地の反乱や侵攻を防ぎ、無数の軍功を立て、294年に60歳で亡くなった。

後世の人々は、唐彬を「兵を用いずして敵の心を攻める名将であり、その賢明さは呉討伐の立役者である王濬や王渾(おうこん)よりもはるかに勝る」と評したという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R