忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・呂常  流派・襄陽不敗



呂常(りょじょう)字は不明
南陽郡博望の人?(161?~221?)

魏の将。関羽が北上を開始した時、守っていた襄陽を包囲された。記述はそれしかないが関羽が戦死するまで襄陽を守り抜いている。

「演義」では襄陽を早々と落とされるなか、勇んで出撃するも将兵は関羽を恐れてろくについてこず、大敗を喫した。
「吉川三国志」では関羽の敗走後、追撃して大暴れする姿が描かれた。

なお「正史」に章陵太守で関羽と戦った「呂某」という実名不詳の魏の将がおり、章陵は襄陽にほど近いことから彼が呂常だとする説がある。以下はその呂某を呂常として記す。

呂常は若い頃から決断力と武勇に優れたが、他者を傷つける振る舞いはしなかった。
武名を聞いた刺史に県長に任じられると、防備を整え県境を守ったため、呂常を恐れて賊は近寄らず、戦わずして県を治めた。
後に官軍の南征(曹操の荊州制圧か)にも参戦し、章陵太守に上った。

章陵を治めること13年、質素倹約に励み、食事は日に一膳、下に何も敷かずに座り、財産に興味を持たなかった。
出撃時には暑くても日傘を使わず、寒くても毛皮を用いず、最前線まで出て行き戦った。

やがて関羽が樊城を水攻めし、それに呼応して反乱する者、関羽に降伏する者が後を絶たない中、呂常は任地(襄陽か)を守り民に被害をもたらさなかった。
戦後、呂常は激賞され都に上り、曹丕の帝位禅譲にも貢献した。
221年、61歳で没すると曹丕は弔辞の使者を送り、多くの人に死を惜しまれ、石碑を建て冥福を祈られたという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R