忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・司馬朗  人格者の兄



司馬朗(しばろう)字は伯達(はくたつ)
河内郡温県孝敬里の人(171~217)

魏の臣。司馬懿の長兄で、八人兄弟はいずれも優れ、字に「達」が付いたことから「司馬の八達」と呼ばれた。
厳格な父に育てられ、幼い頃から聡明だった。12歳の時にはすでに大人と変わりない体格だったため「君は本当は12歳ではないのだろう」とからかわれると、「私の一族は代々、大柄なだけです。若輩者ですし出世欲もありません」と淀みなく答えた。

190年、洛陽が董卓に占拠されると父は司馬朗に一族をつれて故郷に帰るよう命じたが、密告により司馬朗は逮捕され董卓の前に引き出された。
董卓が「君は先年に亡くなった息子と同い年なのに、なぜ私を見捨てるのだ」と問い詰めると、司馬朗は恐れることなく「世の中は混乱を極め、私も故郷も民もこのままでは滅びてしまいます」と堂々と諫言したため、董卓は感心し罪に問わなかった。
その後、司馬朗は董卓の破滅を察すると、周囲の者に賄賂をばらまき、密かに一族をつれ故郷に帰ることに成功した。

22歳(26歳ともいわれる)の時、曹操に召し出されると、寛大な治政で民に慕われ、やがて中央に上った。
217年には夏侯惇、臧覇(ぞうは)とともに孫権の征伐に赴いた。ところが疫病が蔓延し、司馬朗をはじめ多くの将兵が病に倒れた。
しかし司馬朗は自分の薬も兵士らに分け与えたため、そのまま病死した。享年47歳。

後年、司馬懿は亡き長兄を「人格では彼に及ばない」と評した。
一方の司馬朗も、人物評価の大家で知られる崔琰(さいえん)に「君の才は弟の司馬懿に及ばない」と言われると、笑ってそれに同意していたという。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R