忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです。三国志の全登場人物を1日1人以上紹介中。リニューアル中のページは見られない場合があります

三国列伝―魏・史渙  韓浩と並び称される



史渙(しかん)字は公劉(こうりゅう)
豫州沛国の人(??~209)

曹操の配下。
立伝されていないが韓浩(かんこう)と並び称され、ともに「夏侯惇伝」に付伝されている。

若い頃は任侠の徒で、同郷の曹操には旗揚げ当初から従う。
常に諸将を監督し厚く信頼され、後には列侯された。

199年、曹仁、于禁(うきん)とともに眭固(すいこ)を攻め、その首を挙げた。

200年、官渡の戦いでは荀攸(じゅんゆう)の献策で徐晃、曹仁とともに韓猛(かんもう)の輜重隊を襲撃し、兵糧を焼き払った。

207年、柳城の袁尚(えんしょう)を攻めた際に、深入りすることを危ぶみ、史渙は韓浩とともに曹操を諌めようと相談した。だが韓浩は、指揮官の立場である我々が行軍の勢いを削ぐべきではなく、曹操も深入りは承知の上だと反対した。はたして曹操軍は大勝を得た。

209年に没し、子の史静(しせい)が後を継いだ。

「演義」ではあんまりなことに袁尚に一騎打ちで討ち取られてしまう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R