忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝―魏・令孤愚  愚か者



令孤愚(れいこぐ)字は公治(こうち)
并州太原郡の人(??~249)

魏の臣。本名は令狐浚(れいこしゅん)。
一族は皇帝を僭称した袁術(えんじゅつ)に従い没落したため、一族を再興させる俊英として将来を嘱望されていた。
だが田豫(でんよ)の些細な罪を咎めて処罰しようとしたところ、魏帝・曹丕の怒りを買い逆に投獄され愚か者と非難された。これをきっかけに本名を捨て令孤愚と名乗るようになった。釈放されると本来の実力を発揮し、名声を高めていった。
叔父の令狐邵(れいこしょう)は早くから令孤愚の性格に難があることを憂い、むしろ一族を滅亡させるのではと危ぶんでいたが、令狐愚は自分の地位の方が上になると、叔父を見る目無しとあざけるようになった。
その姿を見て令狐邵は憂いをますます強め、没するときには妻子に万一の覚悟をするよう言い遺したという。

三代皇帝・曹芳(そうほう)が幼いのをいいことに曹爽(そうそう)が専権をふるい出すと令孤愚も取り立てられた。
だが249年、司馬懿の蜂起により曹爽が失脚し代わって司馬一族が台頭すると、令狐愚は臣下の専横は幼帝に原因があると考え、東方戦線で強大な軍権を有していた王凌(おうりょう)とともに、曹彪(そうひょう)を擁立しようと企んだ。
しかし計画の途上、令狐愚は病を得て急死した。令狐愚の死で策謀は破綻し、次々と密告者が現れ、加担した者はことごとく自害を強いられるか処刑された。王凌も自害し、すでに亡くなっていたが首謀者の令狐愚は墓を暴かれ、服と印綬を奪われると遺体を棺に戻さずそのまま土中に埋められた。
令狐一族も多くが連座の罪で処刑されたが、一族の滅亡を危惧した叔父の令狐邵の子は、遠縁のため赦されたという。

その後、かつて令狐愚に仕えていた馬隆(ばりゅう)は私財を投じて令狐愚の墓所を改葬し一族に代わり三年の喪に服した。
余談だが彼は後に諸葛亮の戦術や重戦車、磁石を駆使して禿髪樹機能(とくはつじゅきのう)の乱を鎮圧している。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R