忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・許楮  虎痴

  

許楮(きょちょ)字は仲康(ちゅうこう)
豫州沛国譙県の人(?~?)

魏の将。主に曹操の親衛隊長を務めた。
性格は慎み深く誠実で無口、身長8尺(約184cm)で腰回り10囲(約120cm)の当時としては並外れた巨漢で、怪力無双だったと伝わる。

若い頃、黄巾賊1万あまりに砦を攻められた時、許楮は若者を数千人集めて防戦の指揮をとった。
多勢に無勢で武器も矢弾も尽き果てると、許楮は湯呑みや手の平大の石を集めさせ、それを投げつけて敵を撃退した。
兵糧も乏しくなったため、許楮は一計を案じると、黄巾賊に牛と食料の交換を持ちかけた。あらかじめしつけておいた牛は、交換後に脱走し許楮のもとへ戻った。
黄巾賊が怒って牛を返せと迫ると、許楮は牛の尾をつかみ百歩あまりも引きずって連れてきたため、仰天した賊軍は牛を放って逃げ去り、許楮の怪力は知れ渡った。

曹操の勢力が伸長してくると、許楮は軍勢を率いてそれに降った。曹操は一目見るや「我が樊噲(はんかい)である」と古の猛将になぞらえて褒め称え、その場で都尉に任じ、配下も全員を近衛兵として取り立てた。
200年の官渡の戦いの際、曹操軍の兵士の徐他(じょた)らが曹操の暗殺を企んだが、許楮を恐れて実行できなかった。
彼らは許楮の休暇の日を狙い決起したが、宿舎まで戻りかけていた許楮は胸騒ぎを覚え曹操のもとに戻った。
徐他が曹操の帷幕を襲撃すると、そこに許楮がいたため彼らは仰天し、その様子から謀叛を察知した許楮はすぐさま彼らを殺した。
曹操は以来ますます許楮を寵愛し、側近くから離さないようになった。

ある時、曹仁が都に上がり参内すると許楮に会った。かねてから彼の勇猛ぶりを聞いていた曹仁は部屋に招き話そうとしたが、許楮は「曹操様は間もなく来られます」と言いすぐに退去してしまい曹仁を怒らせた。
曹操がなぜ話さなかったのかと尋ねると、許楮は「曹仁様は諸侯で私は一兵士です。個人的な親交など結べません」と寵愛ぶりをかさに着ない分別を示し、曹操を感心させた。
許楮は虎のように雄々しく、しかし鈍重なところもあったため虎痴(こち)と呼ばれた。周囲の者がこぞってそう呼び、許楮と虎痴の音も近かったため、虎痴が本名だと思う者も多かったという。

211年、潼関の戦いで、曹操は兵に先に黄河を渡らせ、自ら殿軍の指揮をとった。
馬超は曹操を狙い一斉に矢を射かけさせた。許楮が曹操を船に乗せると、味方の兵も競ってそれに乗り込もうとしたため、危うく転覆しかけた。許楮は船に乗ろうとする兵を容赦なく斬り捨てると、左手で馬の鞍を掲げて曹操を矢から守り、右手で船を漕ぎ無事に逃げ切った。
その後、戦況が膠着したため曹操と馬超は和睦のため会談の場を設けた。馬超はあわよくばその場で曹操を殺そうとしたが、側に巨漢が控えていたため「彼が許楮か」と尋ねた。曹操は無言で許楮を指し示し、許楮も黙って馬超をにらみつけた。許楮の剛勇ぶりを伝え聞いていた馬超は手出しせずに引き上げた。
交渉は決裂し戦闘が再開されると、許楮は大いに活躍し、武衛中郎将に任じられた。「武衛」の称号はこの時初めて用いられ、許楮の剛勇にちなんでか以降も多くの官位に付けられた。

220年、曹操が没すると許楮は悲しみのあまり吐血したとされる。
曹丕の代には列侯され武衛将軍に昇進した。曹丕は許楮を親しく側に招くと武勇伝を尋ね、またかつての許楮の配下を改めて取り立てた。
はじめに曹操に近衛兵に登用された者から将軍となり列侯された者は数十人、都尉・校尉となった者は百人に及び、いずれも剣術家だったという。
曹叡(そうえい)の代に没した。

「演義」でも曹操軍随一の猛将に設定され、様々な場面で活躍する。
特に一騎打ちでは典韋、馬超、龐徳ら作中でもベスト10に入る猛将と互角に戦った。
一方で兵糧輸送を任された時には油断から泥酔したところを張飛に襲われ、せっかくの頂上対決ながら酔いで満足に戦えずあっさり敗北している。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R