忍者ブログ

夢想大蛇

三国志と日本戦国時代の人物紹介ブログです

三国列伝――魏・董昭  魏国一の能弁家



董昭(とうしょう)字は公仁(こうじん)
済陰定陶の人(156~236)

魏の臣。はじめは袁紹に仕えた。
公孫瓚(こうそんさん)との戦いの時、袁紹の配下は多くが裏切りを考えていた。
対策を聞かれた董昭は「一人の力で大勢の企みを消すことはできません。まずは彼らの謀議に加わり情報を集め、それから策を考えます」と謀叛の相談に加わり信用を得て情報をつかむと、首謀者を袁紹の命令と偽って処刑し、簡単に鎮圧してみせた。
しかし弟が張邈(ちょうばく)に仕えていたことから、張邈と不仲の袁紹は、董昭が内通しているという讒言を信じ処罰しようとしたため、出奔した。

張楊(ちょうよう)の幕下に入ると、曹操が朝廷に使者を送ろうとし、領内の通過を求めたため対応を相談された。
董昭は曹操をかねてから評価しており、それに賛成し張楊は曹操とよしみを通じた。
196年、献帝(けんてい)が董卓残党の手を離れ洛陽に脱出すると、朝廷への忠誠心厚い張楊は援軍に駆けつけた。だが献帝の脱出を助けた元黄巾賊の楊奉(ようほう)らは増長し、また献帝の腹心の董承(とうじょう)は張楊をけむたく思っていたため反目し合い、張楊は董昭を献帝のもとに留め兵を引き上げた。
董昭は曹操に助けを求めるよう進言しその庇護を得ると、楊奉の隙をついて献帝を曹操の治める許昌に遷都させ、その後は自身も曹操に仕えた。

旧主の張楊が部下の反乱で討たれると、その配下が袁紹を頼って落ち延びたため、董昭は説得に赴き多くを引き抜いた。
200年の官渡の戦いに際しては袁紹の幕下時代に治めていた魏郡太守となり、旧知の者らを寝返らせた。
曹操は戦いに勝利し、烏桓にまで逃亡していった袁紹の息子らを追撃したが、董昭は運河を整備し兵糧輸送を行いそれを後方支援した。

その後は主として政治に携わるようになったが219年、関羽が樊城の曹仁を包囲し、于禁(うきん)の援軍も破り荊州が窮地に陥った時、董昭は孫権が秘密裏に魏へ臣従したことをわざと関羽・孫権の両陣営に報せることで、関羽の動揺を誘い、孫権を奮起させる計略を出している。
曹丕の代になっても重用され、政務をとりつつも曹丕が遠征する際には随行し作戦上の不備を指摘し、常に的中させた。
222年、夏侯尚(かこうしょう)が呉を攻めた時も、布陣した中洲が増水すれば孤立することを察知し、大きな被害が出る前に撤退させた。

曹叡(そうえい)の代でも信頼は変わらず、諸葛誕ら名声ばかり高い若者がはびこっているのを除くべきだと進言し、失脚させている。
81歳で没するまで現役で活躍し続けた。

「演義」では献帝が洛陽に落ち延びてきた時に登場し、自分は菜食主義者だから飢饉でもへっちゃらだと自慢する謎のキャラ付けがされている。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
小金沢
性別:
非公開

P R